運動不足の自覚がある方必見! 効果的な解消方法を解説します!

現代人は皆運動不足気味、と言われています。特に、事務仕事などの座り仕事をしている人やどこに行くにも車を利用する人は、運動不足を実感しやすいのではないでしょうか? 運動不足は肥満の原因になるだけでなく、高齢になると寝たきりになる可能性もあります。しかし、「運動不足を解消する方法がなかなか見つからない」と悩んでいる人もいるでしょう。
そこで、今回は運動不足を解消する方法について解説します。

  1. 運動の重要性と運動不足のデメリット
  2. 運動不足セルフチェック
  3. 運動不足を解消する方法
  4. ボクササイズで運動不足を解消しよう
  5. 運動不足の解消方法に関するよくある質問

この記事を読めば、どのような運動を行えば効果的に体を鍛えられるのかも、よく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.運動の重要性と運動不足のデメリット

はじめに、運動の大切さや運動不足のデメリットを解説します。なぜ、運動が必要なのでしょうか?

1-1.運動がなぜ必要なのか?

私たちの体は、骨・筋肉・脂肪・水分などからできており、運動をすると筋肉が発達して、脂肪が減少します。運動をすることで美しいボディラインになるのは、そのためです。また、筋肉が発達していないと、私たちは自分の体重や内臓を支えることができません。年を取ると転倒しやすくなるのは筋肉が衰え、足が上がりにくくなるためです。
また、適度な運動は心肺機能を向上させ、気分転換に役立ちます。子どもの健やかな成長のためにも、運動は大切です。

1-2.運動不足になる原因

現在は移動手段が発達し、体を動かさなくても移動できるようになりました。特に、車が主な交通手段の場所では、近場でも車で行くことが多いでしょう。また、都会では公園や運動場など存分に体を動かせる場所が少なくなり、子どもでも運動不足になりがちです。
大人になると、仕事が忙しくて運動ができなる人が一気に増えます。学生時代は運動部に所属し、毎日運動をしていた人でも、社会人になったとたん運動をしなくなったというケースは珍しくありません。
高齢になると、足や腰などの関節が痛みだし、家にこもりきりになって運動不足になる人が多いでしょう。特に、肥満気味の人や今まで運動する習慣がなかった人は、体重の負荷や筋肉の早い衰えにより膝や腰の関節が痛みやすい傾向にあります。

1-3.運動不足は現代人共通の悩み?

現代では、野原や河原・広い公園などいつでも気兼ねなく運動できる場所が少なくなりました。また、高層マンションなどに住んでいると、家の外に出ることさえ少なくなる、というケースもあります。
さらに、子どもでも小さい頃から習い事や塾通いに忙しいと、体を動かす機会はどうしても少なくなるでしょう。
昔はただ生活をしているだけで十分な運動をしていましたが、現代では積極的に体を動かす習慣をつけなければ、どの年代でもど運動不足になりがちです。

運動不足になると、肥満になりやすくなるほか、筋肉が衰えやすくなったり、心肺機能が発達しにくくなったりします。また、ストレスもたまりやすくなるなど、良いことは1つもありません。適度な運動を続けることで、健康的な生活ができます。

2.運動不足セルフチェック

自分は運動不足かも? と思っている人は、以下のチェックリストに当てはまるものはないか、確認してみましょう。

  • 立ったり歩いたりするより、座っている時間が長い
  • 1階分でも上下するのに、エレベーターやエスカレーターを使用する
  • 移動は大半が車やバイクである
  • 立ちあがった瞬間によろけることが多くなった
  • 坂道や階段を上ると息切れがする
  • 歩く時、足を引きずるように歩いてしまう
  • 運動は苦手である
  • 太り気味だ

当てはまる項目が多いほど、運動不足の度合いは深刻です。

3.運動不足を解消する方法

この項では、運動不足を解消する方法について解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.運動は長く続けることが大切

運動は、毎日続けることが大切です。そのためには、気軽に行える運動を見つけることが重要になります。たとえば、ゴルフは1ラウンドをこなすだけで、結構な運動量です。しかし、ゴルフが趣味という人でもホールに出るのは月に1度程度でしょう。それならば、毎日20分ウォーキングしたほうが健康に効果的です。

3-2.無酸素運動と有酸素運動について

運動には、無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動とは、筋肉トレーニングのように重い負荷をかけて短時間で行う運動です。筋肉量をアップする効果はありますが、カロリーはあまり消費しません。一方、有酸素運動はジョギングやウォーキングなど、軽い負荷をかけて長時間行う運動です。早足で歩くだけでも有酸素運動になります。カロリーを消費し、ダイエット等にも効果的ですが、筋肉量はあまり増えません。理想的な運動とは、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うことです。たとえば、腹筋などの筋トレをしてからウォーキングをすると、無酸素運動と有酸素運動の両方を行えます。

3-3.通勤や家事で運動をしよう

運動を行いたいけれど時間がないという場合は、通勤や家事を運動に変えましょう。電車やバスを徒歩や自転車にするだけで、運動になります。また、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うだけでも、効果があるでしょう。家事をする場合は、動作の1つ1つを大きくし、立ったりしゃがんだりといった動作をくり返すことにより、運動量がアップします。さらに、ぞうきんがけはとてもよい運動になるでしょう。
また、高齢者は筋力が弱ってきていますので、家事をして筋肉を鍛え、運動をするという段階をふんでいくと体を痛めにくくなります。

3-4.DVDつき教本を利用する

今は、家の中で効率的に運動ができるDVDつき教本が販売されています。定期的に人気の教本が出るので、使ってみたという人も多いでしょう。DVDつき教本のメリットは、インストラクターの動きを見ながら運動ができるということです。家の中でもできますから、天候を気にすることもありません。運動器具を買わなくてもできるので、部屋が狭くなることもないでしょう。

4.ボクササイズで運動不足を解消しよう

ボクササイズとは、ボクシングの動きを取り入れたエクササイズです。皆様がご存じのように、ボクシングは格闘技の要素が強いスポーツであり、全身運動でもあります。その動きを取り入れたエクササイズならば、短時間でも効率よく運動ができるでしょう。また、ミットやサンドバッグを殴る動きもあり、適度なストレス解消に効果的です。ボクシングというと、自分の肉体を鍛え、激しく打ち合う男性のスポーツというイメージがありますが、ボクササイズは女性でも楽しみながら効果的に筋肉量を増やし、脂肪を減らすことができます。
シャンピオンヌでは、ボクササイズから本格的なボクシングまで行えるボクシングジムです。ボクササイズで楽しみながら健康な体を作りたいという人も、ボクササイズを行っているうちにボクシングに興味が出てきたという人にも、利用していただけます。グローブの貸し出しも行っているので、トレーニングウエアや専用のシューズがあれば大丈夫です。コースもお客様のライフスタイルに合わせ、月額6,000円代~トレーニングを受けられます。法人会員もあり、社員の健康維持にボクササイズを利用したいという法人にもおすすめです。1日会員も募集していますので、まずはどのような雰囲気か知りたいという人は、ぜひ申し込んでみてください。

5.運動不足の解消方法に関するよくある質問

Q.ボクササイズはどのような人におすすめでしょうか?
A.健康な20代以降の人におすすめです。運動は好きだったけれど最近は時間がないという人にも、楽しんでいただけるでしょう。

Q.ボクササイズは、膝関節に痛みがあっても行えますか?
A.残念ですが、膝関節や腰に痛みがある人は痛みが改善させるほうが先です。激しい動きをすることもありますので、痛みがあれば、存分に楽しめません。

Q.ボクササイズは、どのようなボクシングジムでも行えるのでしょうか?
A.ボクシングジムの中には、いろいろな種類があります。ホームページなどで「ボクササイズを行っている」というジムを選びましょう。

Q.無酸素運動だけでは効果はありませんか?
A.いいえ。筋肉がつけば関節の痛みを防止し、新陳代謝が活発化します。時間がない人でも無酸素運動はできるということが多いので、ぜひチャレンジしてみましょう。

Q.1日何分くらいの運動をすればいいですか?
A.1日20~30分くらいを目安にしましょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は運動不足の解消方法について解説しました。どの年代でも運動不足になると肥満や健康状態の悪化という問題が出てきます。子どもでも運動不足になれば、肥満や糖尿病などの危険性が出てくるでしょう。毎日少しでもいいので運動する習慣をつけてください。ボクササイズも効果的ですよ。