筋肉痛の原因・メカニズムは? 速攻で回復させる治し方のポイント

ダイエットやストレス解消を兼ねたエクササイズ。心地よい汗をかけば、気分は爽快です。でも、そのあとに襲ってくるのが筋肉痛。経験がありますよね?

筋肉痛は、体を鍛えた証拠ですから、決して悪いことではありません。むしろ、喜んでもいいくらいです。とはいっても、やっぱりあの痛み、できれば味わいたくありません。筋肉痛になったときに、できるだけ早く癒やすために、速攻で回復させる方法を紹介しましょう。

  1. 筋肉痛の原因・メカニズム
  2. 筋肉痛を速攻で回復させる方法
  3. 筋肉痛を予防するには?
  4. まとめ

1.筋肉痛の原因・メカニズム

筋肉痛は、どうして起こるのでしょうか。実は、医学的にははっきりと解明されていません。筋肉痛は、広義には肉離れなどを含みますが、一般的には運動後、数時間から1、2日で生じる遅発性筋肉痛のことです。ここでは、遅発性筋肉痛の対策について紹介しましょう。
骨格を動かす骨格筋は、束になった筋繊維(筋線維)を、筋膜が包み込むように形成されています。痛みを伝える神経は、筋膜に接合されていて、筋繊維にはつながっていません。ですから、筋肉痛の原因は、筋肉自体の損傷ではないと考えられると思います。筋膜まで損傷していて、すぐに痛みが伴うのは肉離れです。遅発性筋肉痛の原因は、以下のような説がいわれています。

1-1.乳酸などが蓄積する

運動をすると、乳酸などの疲労物質がたまっていきます。発生量が多くて代謝が間に合わずに筋肉に蓄積されると、筋肉痛が起きると考えられてきました。運動中に激しい筋収縮があると、筋肉への酸素供給が間に合わなくなり、エネルギー源であるブドウ糖が不完全燃焼を起こし、燃えカスのようなものが残ります。これが乳酸です。この乳酸が筋肉を硬くし、神経を刺激して炎症や痛みを起こすとされてきました。

1-2.筋肉が損傷を受ける

ところが、最近では、新しい説も出ています。血液中の乳酸値は、運動後すぐに低下するため、筋肉痛のような症状を起こす要因にはならないらしいのです。では、どうして筋肉痛になるのかというと、筋肉の損傷によるものといわれています。損傷した筋肉が回復する過程で炎症を起こし、そのときにできる痛み物質が筋膜を刺激して筋肉痛になるという見方です。