お腹ダイエットの裏ワザ!痩せなくてもぽっこりお腹を解消できる!?

ダイエットは現代人の永遠のテーマです。脂肪が付いているぽっこりお腹はスタイルやプロポーションの悪さはもちろんのこと、動脈硬化や心筋梗塞(しんきんこうそく)、糖尿病などの生活習慣病の原因にもなります。

ダイエットしたい!と思っていてもなかなか痩せられない方のために、ぽっこりお腹の解消法や、効率的なお腹のダイエット方法や裏ワザをご紹介します。

  1. お腹、ウエスト周りの脂肪と太り方について
  2. ぽっこりお腹は健康黄色信号!
  3. お腹のダイエットの必要性
  4. お腹のダイエットに効果的な運動とは?
  5. ボクシングとお腹ダイエットについて
  6. まとめ

摂取カロリーより消費カロリーのほうが多ければ、人間は必ず痩せます。この記事を参考にして、効率的に運動することにより、効率的にぽっこりお腹のお肉を落とすことができますのでぜひトライしてみてください。

1.お腹、ウエスト周りの脂肪と太り方について

1-1.なぜお腹は太りやすいのか?

お肉って、お腹に一番付きやすいですよね。お腹が太りやすい主な原因を挙げます。

  • 腸がゆがみ、下のほうへ垂れ下がってしまう
  • 脂肪・老廃物が発生し、ガスがたまってしまう
  • お腹には内臓を守る骨がないため、脂肪が骨の代わりに内臓を守ろうとしてたまってしまう
  • カロリー過多により内臓脂肪がたまってしまう

1-2.お腹が出てしまう原因とは

上記の原因により、お腹は体の中でも特に太りやすい部位です。

付きすぎた脂肪は落とすしかありませんが、姿勢を正したり、お腹に力を入れたりすることでスタイルを改善することはできます。

特に、デスクワークが多い方や、猫背が癖になってしまっている方は、ダイエットと並行して普段の姿勢から見直してみましょう。

1-3.お腹の上部が出ている場合

お腹の上部が出ている方は、体が冷えて胃を守るために脂肪が余分に付いてしまう場合が多いです。体を温める食べ物や衣服でお腹周りを冷やさない工夫をしましょう。

腹筋の衰えも、お腹の上部が出る原因になります。猫背の癖を直し、普段から腹筋を意識することでお腹上部の脂肪解消につながるでしょう。

1-4.お腹の下部がぽっこり出ている場合

下半身がぽっこり出てしまう方は、便秘や腸の冷えが考えられます。特に女性はこのタイプが多いのではないでしょうか。下半身だけがぽっこり出る、いわゆる洋ナシ体型は、主に皮下脂肪が原因です。

1-5.皮下脂肪のダイエットについて

皮下脂肪は内臓脂肪より付きにくいが落ちにくいという性質があり、放置しているとセルライトになってしまうこともあります。セルライトを落とす・予防するためには温かいお湯の中でお腹をよくもみほぐしましょう。

皮下脂肪は長年かけて蓄積される脂肪ですので、普段から気を付けていればすぐに付いてしまう、ということはありません。すでに付いてしまった皮下脂肪をゆっくり落としつつ、これ以上付かないようにすることが重要です。

1-6.内臓脂肪のダイエットについて

内臓脂肪や皮下脂肪よりも付きやすく落としやすいという性質があります。

内臓脂肪は、外から見てもわかりにくい脂肪です。いわゆる隠れ肥満というのはこの内臓脂肪がたくさん付いている方がなってしまうパターンが多く、生活習慣病の原因になりやすいのも内臓脂肪といわれています。

脂質を多く摂(と)りすぎないこと、飲酒を控えることが内臓脂肪のダイエットのコツです。内臓脂肪がいくら付きやすい脂肪だからとはいっても、食べた瞬間に脂肪になるわけではありません。食べすぎ・飲みすぎの翌日には食事を軽くして、運動することによって、摂(と)りすぎたカロリーが体の中で内臓脂肪に変わるのを防ぐことができます。

1-7.ぽっこりお腹の解消と筋肉の関係

加齢(かれい)とともに筋肉が落ちることによって、内臓を支えきれなくなり胃や腸が下のほうへ落ちてきてしまいます。脂肪は内臓周りにつきやすいため、必然的に脂肪も下のほうへ付きやすくなり、下半身がぽっこりしてしまうのです。

脂肪は筋肉が動かない場所にたまりやすいという特徴もあるため、座りっぱなし(下半身の筋肉がほとんど使わない状態)の時間が長い場合は気を付けましょう。足を浮かせてお腹に力を入れたり、時々ストレッチをしてリンパを流したりするとぽっこりお腹を解消できます。