ビール腹の原因や解消法について知りたい!効果的な運動をご紹介!

仕事の付き合いや飲み会が増えると「ビール腹」が出てきます。
特に、30代~50代と中年世代の男性に多いでしょう。
ビール腹を何とかしたいと思っていても、解消法がわからない人がほとんどです。
そこで、ビール腹の原因や解消法、ビール腹が解消できる効果的な運動など詳しく説明します。
現在、ビール腹で悩んでいる人、旦那さんのビール腹で悩んでいる女性もぜひ参考にしてください。

  1. ビール腹の原因
  2. ビール腹の解消法
  3. ビール腹が解消できる効果的な運動
  4. まとめ

1.ビール腹の原因

女性でもビールを毎日飲んでいると「ビール腹」になりがちです。
おなかが出るビール腹は見た目が悪くなってしまいます。
解消するためにも、まずはビール腹の「原因」をチェックしていきましょう。

1‐1.ビールと一緒に食べるおつまみ

よく勘違いしているのが「ビールを飲むからビール腹になる」点です。
ビール腹という名前からビールが原因だと考える人は多いでしょう。
確かに、ビールはアルコール飲料です。
けれども、ビールの飲みすぎだけが原因とはかぎりません。
ビール腹はビールの飲みすぎによって起こるおなかのふくらみではないです。
アルコール飲料の中でもビールはアルコール度数が低い種類になります。
お酒の中では太りにくいお酒と言えるでしょう。
つまり、ビール腹はほかに原因があるのです。
最も多い原因は、ビールと一緒に食べる「おつまみ」になります。
ビールを飲むとき、枝豆やなんこつの唐揚げなどさまざまなおつまみも食べるでしょう。
ビールを飲むとき、どんなおつまみを食べているのかぜひチェックしてみてください。

1‐2.ビールの苦味成分・炭酸ガス

ビールには苦味成分と炭酸ガスが入っています。
実は、苦味成分と炭酸ガスには食欲増進の傾向があるのです。
ビールをたくさん飲めば飲むほど、食欲が増しておつまみを大量に食べてしまいます。結果、立派なビール腹ができあがるのです。
ビールの苦味成分と炭酸ガスによって胃壁が刺激を受けるでしょう。
刺激によって私たちの食欲が増える仕組みです。
ついついフライドポテトや焼き鳥などに手を伸ばしてしまいます。
きっと、多くの人が食べすぎた経験をしていることでしょう。
食べすぎはビールの成分が悪い方向に発揮している証拠です。

1‐3.飲み食いする時間が長い

ビール腹で悩んでいる人には共通点があります。
「飲み食いする時間が長いこと」です。
会社の同僚や仲間たちと飲む時間はとても楽しい時間でしょう。
話しこむほど飲食にかける時間が長くなります。
30分で済む通常の食事でも何時間もかけてビールを飲み、おつまみを食べるはずです。よって、通常の食事よりも摂取カロリーが多くなります。
特に、毎日ビールを飲んでいる人ほどビール腹になりやすいです。
ビール腹を解消するには、1日の摂取量を決めておかなければなりません。
また、ビールを飲まない休みの日も大切です。
休みの日をつくることで刺激を受ける肝臓・胃腸を休めることができます。
たとえ、お酒の席が盛り上がったとしても自分でセーブしなければなりません。