運動不足でお悩みの方必見!運動不足の影響・解消方法をとことん解説!

健康を維持するためには、運動が不可欠です。しかし、毎日忙しくてなかなか運動する機会が無い人も多いことでしょう。今回は、運動不足で悩む人のために、運動不足の影響や解消方法についてまとめてみました。

  1. 運動不足について
  2. 運動不足のセルフチェックをしよう
  3. 運動不足の解消方法を紹介
  4. 運動不足にかんするよくある質問に回答

運動不足の解消は、健康な毎日を送るためにも欠かすことができません。今すぐ運動不足を解消するためにも、ぜひ記事を参考にしてください。どなたでも、無理なく運動不足が解消できますよ。

1.運動不足について

まずは、運動不足についての基本を学びましょう。運動不足になる理由や悪影響だけでなく、運動の重要性も理解してください。

1-1.運動不足になる理由とは

運動不足になる理由には、主に以下のようなことがあります。

  • 仕事や家事が多忙過ぎる
  • 移動するときに車や自転車・公共交通機関を使っている
  • 体に病気や故障があって動きにくい
  • 疲れやすい体質
  • 運動自体が嫌い
  • 面倒くさがりな性格

運動不足になるときには、本人を取り巻く環境に原因があることも多いです。しかし、元から運動が嫌いだったり面倒な性格だったりすることも、運動不足になりやすい人の特徴だと考えましょう。

1-2.運動不足の悪影響を知ろう

運動不足は、私たちの体や心に大きな悪影響を与えます。では、実際に運動不足になるとどんな悪影響があるのでしょうか。運動不足の悪影響については、以下のようなものがあります。

  • 肥満
  • ストレス
  • 体調不良
  • 慢性疲労
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • 睡眠障害
  • 全身の筋力低下

運動不足が続くと、不健康になるばかりです。運動不足の悪影響から脱出するためにも、自分に合った運動を開始することが大切だと言えます。

1-3.運動の重要性を正しく理解しよう

運動の重要性を正しく理解することも、今後のために必要なことです。ここでは、生理的効果・精神的効果・社会的効果の3つについてそれぞれ解説しましょう。

1-3-1.運動の生理的効果

運動は、体調を整えたり肥満を解消したりなど、生理的効果が高いことが大きな特徴です。私たちは、適度な運動を行うことで身体活動のバランスを取っていると考えてください。適度な運動をすることで、全身の臓器が正常に働いて生命活動が活発になるのです。

1-3-2.運動の精神的効果

運動には、心のもやもやが晴れる効果があります。運動でストレス解消ができることは、大きなメリットだと考えましょう。普段から大きなストレスを抱えている人こそ、運動をするべきなのです。運動不足の状態は、精神的に大きなマイナスをもたらすので注意しましょう。

1-3-3.運動の社会的効果

運動をすると、体調が整ったり頭の回転が速くなったりします。すると、仕事の効率が良くなったりほかの人に与える印象が良くなったりすることでしょう。運動をしている人の方が、社会的に認められることが多いのも納得です。

2.運動不足のセルフチェックをしよう

では、皆さんが今運動不足なのかセルフチェックをしてみましょう。とても簡単なセルフチェックですから、やってみてくださいね。

2-1.運動不足のセルフチェックの必要性

自分が運動不足になっているかどうかは、客観的に判断する必要があります。もちろん、現在でも運動不足の自覚がある人も多いでしょう。しかし、運動不足がどの程度のものかによって必要な対策も異なるのです。運動不足のセルフチェックを行うことによって、適切な対策を採るようにしましょう。

2-2.運動不足のセルフチェック項目について

自分が運動不足かどうか、どの程度のものなのかについては、以下の項目をセルフチェックしてみてください。

  • 継続している運動が無い
  • 多忙で運動をしている時間が無い
  • 体がだるい・重い感じがする
  • 肥満ぎみ・肥満である
  • 最近疲れやすくなった気がする
  • 食欲不振がある
  • ストレスが溜(た)まっている
  • 気分が落ち込んでいる
  • イライラして人に当たってしまう
  • 夜の寝付きが悪い

環境によっても運動をする時間を十分に確保することができません。また、運動不足になるとさまざまな症状や悪影響として現れます。上記のチェック項目について思い当たる点が多い人は、深刻な運動不足だと認識してください。

3.運動不足の解消方法を紹介

それでは、運動不足の解消方法を具体的に紹介します。運動を無理なく続けるためには、年代別やタイプ別に考えるだけでなく、気軽さや即効性も重視しましょう。

3-1.運動不足の年代別・タイプ別解消法とは

運動不足を解消するときには、自分の年代やタイプ別に適したものを選ぶことが大切です。若い人と高齢の人では、運動能力にも差があります。また、それぞれの性格によっても適するものと適さないものがあるでしょう。たとえば、運動嫌いの人にハードな運動をすすめても長続きしません。自分の年代やタイプに合ったものを選ぶことで、無理なく継続しやすくなり結果的に運動不足を解消できるのです。

3-2.気軽にできる運動で解消しよう

運動不足の解消のためには、継続して運動できることが重要です。気軽にできる運動は、継続しやすいのでおすすめと言えるでしょう。反対に、専門の道具やウェアを用意する必要がある運動は、挫折しやすいので注意してください。気軽にできない運動は、面倒になりやすいのです。

3-3.即効性のある運動で解消しよう

運動は、即効性があることも大切なポイントです。運動をしても、効果が目に見えて出ないと挫折しやすくなります。できるだけ早く効果が出ることが、モチベーションの維持にも関係すると理解してください。即効性のある運動は、飽きやすかったり面倒くさがりだったりする人にも有効ですよ。

3-4.今人気の運動で解消しよう

運動にも、流行(りゅうこう)があります。今、人気の高い運動を行うことも継続するために有効と言えるでしょう。ほかの皆さんが大勢やっている運動ならば、仲間も多いので励みとなります。孤独を感じずに運動ができることも、挫折をしないためには必要なことだと覚えておいてください。

4.運動不足にかんするよくある質問に回答

ここでは、運動不足にかんするよくある質問に回答します。ほかの皆さんがどのような内容で不安だったり悩んだりしているのか、確認してみましょう。

Q.腰に持病がある場合、運動不足はどのように解消すべきでしょうか?
A.腰に持病がある人は、運動制限が掛かることになります。ハードな動きも厳禁ですが、体に大きな負担を掛けることも避ける必要があるでしょう。腰に持病がある人は、運動中に大きくひねる動作をしないことが大切です。運動不足の解消に最もおすすめの方法は、ウォーキングとなるでしょう。ウォーキングならば、自分の体調やペースに合わせて距離や強度を調整できます。運動不足の解消のつもりが、腰の持病が悪化する原因になってはいけません。無理をしないように、腰の調子を見ながら続けてみてください。

Q.運動不足を解消すると痩(や)せることができるのですか?
A.肥満の人の多くは、運動不足が大きな原因のひとつとであるのも事実です。そのため、運動不足の解消で痩(や)せることが期待できます。ただし、肥満の原因が運動不足だけとは限りません。運動不足を解消しても、摂取カロリーが多過ぎると太ります。運動不足の解消だけで肥満が解消できるのではなく、肥満の解消への道が開けると考えましょう。肥満を解消したい人は、運動不足の解消と同時に食生活の見直しなども行ってください。

Q.運動不足を楽しく解消するためにおすすめのグッズはありますか?
A.運動不足を楽しく解消するには、市販のグッズを使用するのも良い方法です。たとえば、女性ならばかわいらしいスポーツウェアを用意するだけでも気分が上がります。また、消費カロリーを計算してくれるアプリなどを利用するのも励みになるでしょう。さらに、携帯ミュージックプレーヤーなどの利用で運動がより楽しくなります。黙々と運動をすることが苦手な人は、目に見えて励みになるものや何かをしながら運動をしてみてください。そのためにも、さまざまなグッズを利用して自分に合うものを探してみましょう

まとめ

運動不足では、健康な生活を送ることができません。本当に健康になりたいのならば、今すぐ運動不足を解消するべきです。しかし、むやみに運動をすることは、体に大きな負担が掛かってしまうので注意しましょう。運動は、自分が楽しくできるもので継続しやすいものであることが大切です。運動することが習慣になると、運動をしないことの方が気持ち悪いと感じるようになります。運動が楽しくなったときには、自然と運動不足も解消できていることでしょう。