健康でスリムな体を維持したい人必見!運動で基礎代謝を上げる方法

適度な運動を心がけて代謝を高めることは、非常に大切なことです。基礎代謝と言えば、ダイエットと関係あるもの…というイメージが強い人は多いでしょう。確かに、基礎代謝が高ければ高いほど、脂肪を燃やしやすくなり太りにくく痩せやすい体を作ることができます。もちろん、その他にもメリットはたくさんあるのです。
この記事では、運動で基礎代謝を上げることで生まれるメリットや、誰でも簡単にできるオススメの運動についてご紹介します。

  1. 代謝についての基礎知識
  2. 基礎代謝とは?
  3. 基礎代謝と運動の関係について
  4. 基礎代謝を上げることで得られるメリット
  5. 基礎代謝を上げるのにオススメな運動は?
  6. 基礎代謝を高める運動についてよくある質問
  7. まとめ

基礎代謝を高めるとたくさんのメリットがあること、ご存知ですか?
女性から注目されているダイエット効果を期待できるだけでなく、内臓の働きを良くして健康維持につながったり、免疫力を高めたりすることができたりと、美容にも健康にも良い影響を与えてくれます。誰でも簡単に取り組める基礎代謝アップ術もあるので、ぜひ実戦してみましょう。

1.代謝についての基礎知識

代謝といえば、ダイエットをするとき必ずと言っていいほど話題に出る言葉ですね。名前を聞いたことがあるけど、具体的にどんなものなの?と、首を傾げている人は多いでしょう。それでは、代謝についての基礎知識をご紹介します。

1-1.代謝とは何か?

人間などの動物は生きていくために外部から栄養素を摂取します。これらは体内でエネルギーとして利用され、消費されていく仕組みとなっているのは誰しもご存知でしょう。このことを、代謝と呼ぶわけです。

1-2.代謝の働きについて

代謝は、大きく分けると同化作用と異化作用に分けることができます。前者は「体を合成する代謝」、後者は「エネルギーとして消費する代謝」です。
まず、体を合成する代謝、同化作用の働きについてお話していきましょう。私たちは摂取した食べ物を体内で分解し、栄養素として様々な器官の生成を助けています。この働きが、同化作用です。次に、異化作用ですが筋肉や内臓器官、脳が働くために消費されるエネルギーのことを指します。つまり、同化作用は生成したり蓄えるための働きを持つ代謝、異化作用は消費する働きを持つ代謝ということになるわけですね。

1-3.代謝の種類

上記でご紹介した異化作用と呼ばれる、消費系の代謝は更に3種類に分けることができます。

  • 基礎代謝

消費系代謝の70%がこれにあたります。基礎代謝とは、安静にした状態でも消費されているエネルギーのことです。人間は誰しも、安静にしていたとしても内臓は働き続けていますし、呼吸をしたり、体温の調節を行ったりしていますよね。これらの働きを支えているのが、基礎代謝というわけです。ちなみに、基礎代謝がどの部位にどのくらい使われているかは、以下の通りとなります。

  • 肝臓:27%ほど
  • 心臓:7%ほど
  • 脳:19%ほど
  • 腎臓:10%ほど
  • 筋肉:18%ほど
  • その他:19%ほど

基礎代謝と言われると筋肉で使われているイメージが強いかもしれませんが、意外にも肝臓での消費量がダントツで高いのです。

  • 生活活動代謝

次に、生活活動代謝。消費系代謝の20%がこれにあたります。日常生活で体を動かすときや、運動を行うときに使われているエネルギーのことですね。

  • 食事誘導性熱代謝(DIT)

食事を摂取した後、体が熱くなったという経験をされたことがある人は多いでしょう。人間は食事をとったとき、体内に取り入れた食べ物の消化吸収を行います。このとき、その過程で熱が発生するため、どんなに安静な状態で食事をしていても一時的に代謝量が増えるのです。これが、食事誘導性熱代謝(DIT)と呼ばれます。