筋肉疲労のメカニズムを知りたい! 原因と解消法2つのポイント

毎日激しい運動をしているスポーツ選手はもちろんのこと、一般人でも1日スポーツを楽しんだり長時間歩いたりすると筋肉疲労や筋肉痛を起こします。どうしてこのような状態になるのでしょうか。

ここでは、筋肉疲労のメカニズムや回復方法などをご紹介します。

  1. 筋肉疲労のメカニズム
  2. 筋肉疲労を早く回復するには?
  3. まとめ

1.筋肉疲労のメカニズム

筋肉疲労はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。ひとくちに筋肉疲労といっても、肉体的疲労と精神的疲労があります。

1-1.肉体的筋肉疲労とは

激しいスポーツ・長時間の立ち仕事・デスクワーク・育児や家事など同じ動作を繰り返し行うと筋肉が疲れます。筋肉が疲れる原因としては、現在では諸説あるのです。

1-1-1.「乳酸(にゅうさん)」原因説

運動中に起こる筋収縮により、筋肉への酸素供給は間に合わなくなります。そのために、エネルギー源であるブドウ糖が不完全燃焼を起こすのです。そのときに、「燃えカス」として乳酸が残ります。そして、乳酸は筋肉中にたまり筋肉を収縮するのです。筋肉が縮むと血行が悪くなり疲労を感じます。

1-1-2.「痛み物質」原因説

最近では乳酸原因説ではない説も支持されています。それは、傷付いた筋繊維や周辺組織が回復するときに炎症を起こし、そのときに発生する痛み物質(ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニンほか)が筋肉をおおう繊維体「筋膜(きんまく)」を刺激するためという説です。

1-2.慢性化する筋肉疲労

本来、健康な状態なら筋肉は柔らかいものです。そして、動脈から流れ込んだ血液は筋肉内の毛細血管に分かれて流れ、静脈から出て行きます。ところが、筋肉が疲労して縮んでいる状態だと血管やリンパ管が圧迫されたままの状態になり血液がスムーズに流れません。

この状態を、慢性筋肉疲労といいます。慢性筋肉疲労になり、血流が衰えることでさまざまな弊害(へいがい)が引き起こされるのです。

  • 血流が衰えるので筋肉への栄養補給が十分にできなくなる。
  • 筋肉のPH(液体中の水素イオン濃度)が下がり酸性の疲労物質がたまる。
  •  PHが下がると体液が酸性に傾くので筋肉疲労だけではなく病気になりやすくなる。

たかが筋肉疲労だから…と放置するとほかの病気を招くことになるので要注意です。

1-2.精神的筋肉疲労とは

筋肉疲労は、精神的なストレスからも引き起こされます。仕事の悩みや、職場での人間関係、家庭問題などで悩みを抱えると自律神経が乱れて血液の循環が悪くなるのです。そのために、以下のような不調を感じるようになります。

  • 倦怠(けんたい)感や脱力感
  • 胃腸の調子が悪くなる
  • 首・肩・肩甲骨の筋肉に疲労感やコリを感じる

首筋の後ろや背骨の左右、肩甲骨の内側はストレスからくる影響がでやすい場所です。慢性的にこれらの部分に痛みを感じる場合はストレスの原因を取り除くことが大切になります。