【必見】体を鍛えるメリットがすごい! 効果や効率的な方法を徹底解説!

「最近体が疲れやすくなった」とか「集中力や持続力が無くなった」などと感じている人は、体力不足の可能性があります。特に、普段体を鍛える習慣が無い人は、体力が低下しやすいので注意してください。もしも、充実した毎日を送りたいのなら、体を鍛えることが大切です。そこで、今回は体を鍛えるメリットや効果について徹底的に解説しました。また、体を効果的に鍛える方法も併せてご紹介しているので、読んでみる価値がありますよ。

  1. 体を鍛えることについて
  2. 体を鍛えるメリットは?
  3. 体を鍛えるときの注意点
  4. 体を鍛える方法は?
  5. 今注目のボクササイズとは?
  6. 体を鍛える効果やメリットについてよくある質問

健康になりたかったり、充実した毎日を送りたかったりする人は、ぜひ記事を読んでください。体を鍛えることについて、正しい知識を身に付けることができます。また、正しく体を鍛えることで必ず体力がアップすることでしょう。まずは、記事を読んで体を鍛えることのメリットや重要性を実感してください。

1.体を鍛えることについて

まず、体を鍛えることについて改めて考えてみることにしましょう。体を鍛えることの必要性や、運動不足の悪影響についても学んでください。

1-1.体を鍛えるとはどういうことか

体を鍛えるとは、筋力トレーニングや運動を行うことによって筋力や体力を高めたりすることです。筋力や体力は、何もしないと低下してしまうため、適度に体を鍛える必要があります。体を鍛えることで、毎日を活発に暮らすことにもつながるので、多くの人が実施しているというわけです。普段から体を鍛えることは、想像以上のメリットがあります。最近は、体幹(たいかん)をトレーニングすることに注目が集まっている点も覚えておいてください。

1-2.体を鍛える必要性

体を鍛える必要性について考えてみましょう。主な必要性については、下記をご覧ください。

  • 筋力や体力を高めるため
  • 身体機能を高めるため
  • 自立した生活を維持するため

特に、高齢者は体を鍛えることで自立した生活を維持しやすくなります。自力で歩くことができる人は、普段から体を鍛えているなどで体幹(たいかん)がしっかりしていて、足腰の筋肉も衰えていないものです。長い人生を健康で自立したものにするためにも、体を鍛える必要性は高いと言えます。

1-3.運動不足の悪影響を認識しよう

運動不足になると、心身にさまざまな悪影響が出てきます。悪影響で主なものについては、下記を参考にしてください。

  • 体力が無くなる
  • 病気にかかりやすくなる
  • 身体能力が低下する
  • ストレスが溜(た)まる
  • 太りやすくなる
  • 体幹(たいかん)バランスが悪くなって転びやすくなる

適度な運動をすることは、健康で明るい毎日を送るためにも必要なことです。運動不足は体だけでなく、心にも悪影響があることを認識しておきましょう。普段から運動する習慣が無い人は、意識して体を鍛えることが大切です。

2.体を鍛えるメリットは?

ここでは、体を鍛えるメリットについて説明します。具体的にどんなメリットがあるのか、それぞれ確認しておきましょう。

2-1.体を鍛えることにはたくさんのメリットがある

体を鍛えることには、本当にたくさんのメリットがあります。私たちの体は、適切な食事・運動・睡眠のバランスが取れていてこそ、健康を維持できるのです。しかし、意識して運動をしないとどんどん筋力が低下して体力が無くなってきます。また、太りやすくなったり病気になったりするなどのマイナス効果が出てしまうのです。今からでも十分に間に合いますから、体を鍛えてデメリットを吹き飛ばしてください。

2-2.健康増進効果がある

体を鍛える効果としては、健康増進効果を第一に考えることができるでしょう。体を鍛えると、筋肉が増加して新陳代謝が活発になります。すると、全身の血行が良くなったり内臓の働きが良くなったりして健康になるのです。体を鍛えていない人と比べると、鍛えている人の方が病気やケガになりにくいのも証拠と言えます。

2-3.ストレス解消効果がある

体を鍛えることは、ストレス解消効果もあります。体を動かさないでいると、ストレスはどんどん溜(た)まってしまうものです。筋肉が硬くなって血行不良になるとますます気持ちが沈んでしまうのがわかります。しかし、体を鍛えることで適度な運動になるほかにも気持ちをリフレッシュできるのでストレス解消には持ってこいなのです。

2-4.精神強化の効果がある

体を鍛えることは、決して簡単なことではありません。特に運動やトレーニングの習慣が無い人にとっては、最初のうちは辛(つら)く感じることもあります。しかし、体を鍛え続けることで持続力が付いたり心を強くすることができたりするのです。体を鍛えている人が、強い精神を持っているのも納得できますね。

2-5.痩身効果がある

体を鍛えると、痩身効果も期待できます。余分な脂肪が付いている人は、筋力が無いことが多いです。そのため、体を鍛えて筋力を付けることが大切なポイントと言えます。背筋や大胸筋・腹筋などの筋力が高まると基礎代謝が上がるため、消費カロリーが増えて同じ食事量でも見た目が違ってくるものです。特に女性は、過度なダイエットに走りがちですが、体を鍛えることを第一に考えてみるといいでしょう。

2-6.アンチエイジング効果がある

体を鍛えることは、アンチエイジング効果もあることをご存じでしょうか。年を取ると、体のあちこちがたるんできます。たるみの原因は、筋力の低下にほかなりません。たとえば、背筋が衰えると背が曲がってしまうので老いて見えます。また、腹筋が衰えてしまうとお腹(なか)がぽっこりと出てしまい、いわゆる中年太りの状態になってしまうのです。そこで、体を鍛えることで筋力をアップすることが肝心になります。筋力がアップすることで、見た目も引き締まって若々しくなるものです。ボディーラインが引き締まることで、実年齢と比較して10歳程度アンチエイジングすること可能になります。

2-7.美容効果がある

体を鍛えると、新陳代謝が盛んになるため高い美容効果が期待できます。特に女性にとっては、美容効果はのどから手が出るほどほしいものです。なぜ体を鍛えると美容効果があるのかについては、全身の筋力がアップして新陳代謝が盛んになることで体内の老廃物がどんどん排出されるからだと考えましょう。体内に溜(た)まっていた老廃物が排出できればお肌もキレイになって透明感が出てきます。体を鍛えることは、美容面でも見逃すことができないほどの効果があると覚えておきましょう。

2-8.性格改善効果がある

体を鍛えると、気持ちが前向きになって余裕が生まれます。特に、普段からネガティブなことばかり考えがちな人にとっては、性格改善効果があると考えてください。また、気持ちを明るく持つことができるので、多くの人からの好感度もアップします。人間関係の悩みも、いつの間にか解消しているなどいい方向に動くことでしょう。体を鍛えることで、周りとの関係性も改善できるのです。

2-9.脳の働きを活発にする効果がある

体を鍛えると、脳の働きも活発になります。たとえば、仕事の効率がアップしたり勘がするどくなったりするのです。また、そろそろ物忘れが心配になってくる中高年の人には、認知症予防にも役に立ちます。健康な生活を送るためには、体そのものの健康だけでなく脳の健康維持も重要なことです。将来、ほかの人から介護を受けるのが嫌だったり認知症が心配だったりする人は、自立した生活を維持するためにも体を鍛えて心身ともに健康な状態を目指しましょう。

2-10.体を鍛える効果でそのほかのこと

体を鍛える効果でそのほかのこととしては、生活にハリが出る点を忘れてはいけません。今まで特に目標も無く過ごしてきた人にとっては、体を鍛えること自体が目標となります、また、理想の自分をイメージすることで毎日の生活にハリが出るものです。実際に、理想に近づくにつれて体を鍛えることのメリットを実感できて人生が楽しく感じることでしょう。体を鍛えることは、人生にも大きな意味を持つのです。また、体幹(たいかん)バランスが整うため、転びにくくなります。特に高齢者は、転んで骨折をするがきっかけで寝たきりの状態になりやすいので注意しましょう。

3.体を鍛えるときの注意点

では、体を鍛えるときの注意点について詳しく解説します。それぞれについて、しっかり頭に入れておいてください。

3-1.体を鍛えることもやり過ぎは禁物

体を鍛えることも、やり過ぎると体を壊してしまうことになります。体を鍛えるためには、負荷が大き過ぎないようなものを選んでください。特に最初のうちは、むきになって体を鍛える人が多いです。しかし、本当の意味で体を鍛える効果を得るためには、焦りは禁物と考えましょう。やり過ぎて体を壊しては、何にもなりませんよ。

3-2.体を鍛えることにかんするそのほかの注意点

体を鍛えることは、何よりも継続が大切です。継続できないようでは、体を鍛えることはできません。自分が楽しくできる運動やエクササイズを選ぶことが重要です。実際にやってみて楽しくできないものは、長続きも難しいでしょう。自分に合う運動やエクササイズを探して、楽しみながら体を鍛えていきましょう。

4.体を鍛える方法は?

ここでは、体を鍛える方法について解説していきます。体を効果的に鍛えるための時期・タイミングのほかにも、おすすめの方法などについても触れているのでしっかり学んでくださいね。

4-1.始めるきっかけや時期について

体を鍛え始めるきっかけは、主に以下のようなものが多いです。

  • 体力の衰えを感じたとき
  • 健康に不安が出てきたとき
  • 肥満やメタボを改善したいとき
  • いつまでも若々しくありたいと感じたとき
  • 精神的な悩みを解決したいとき

実際に体を鍛えるきっかけは、人それぞれです。しかし、共通しているのは体を鍛えることで前向きに人生を変えたいということになります。体を鍛え始める時期にかんしては、社会人になってからが多いです。学生のころは、部活動や授業で体を動かす機会があっても社会人になると運動習慣が無くなる人が多いですからね。また、中高年になって改めて本格的に始める人も多くなります。

4-2.体を鍛えるための効果的な方法とは

体を鍛えるためには、運動効果が目に見えてわかるものを選ぶことが大切です。そのためにも、体重や体脂肪率を測定して効果を確認しやすい状態にしておきましょう。また、自分がお気に入りのグッズを揃(そろ)えることもモチベーションアップに効果があります。何よりも楽しむことが、効果を上げるのです。

4-3.体を鍛えるための筋力トレーニングについて

体を鍛えるために、筋力トレーニングをする人も多いです。特に、大胸筋・背筋・腹筋などの主な筋肉を鍛えると高い効果を得ることができますからね。それに、筋力トレーニングは比較的場所を取らずにできるため、自宅でも簡単に続けることが可能になります。しかし、筋力トレーニングだけでは体を鍛えることは難しいのです。また、素人が間違ったやり方で続けると体を痛めることもあります。筋力トレーニングは、体を鍛えるためのほかの方法と合わせてやってみてください。

4-4.体を鍛えることができるスポーツ

スポーツは、ほぼすべてが体を鍛えることができると言っていいでしょう。どんなスポーツであっても、継続して行えば効果が出るものです。特に、全身を使うスポーツは筋力がアップするほかにも体幹(たいかん)のバランスをよくするため、体を鍛える効果が特に高いと言えます。

4-5.手軽にできるものを考えよう

継続して体を鍛えるためには、手軽にできるものであることも大切です。大掛かりな道具を揃(そろ)える必要があったり、高度な技術を求められたりするものは、継続できません。手軽にできるものでないと、すぐに挫折してしまうことでしょう。しかし、トレーニングやスポーツでも、無理を重ねるうちにだんだんと遠ざかってやらなくなってしまいがちです。今、体を鍛えたいと思っている人の多くも挫折した経験が多いのではないでしょうか。まずは、いつでも気が向いたときに、手軽にできるトレーニングやスポーツを探してみましょう。

4-6.体を鍛える方法で最近注目のもの

体を鍛える方法も、実にたくさん存在します。中でも、最近注目のものにボクシングの動きを取り入れたボクササイズに注目してください。ボクササイズは、プロボクシングのようなハードなものではありません。リズムや音楽に乗って楽しく体を動かすことができるものです。ボクシング技術を本格的に習得することを目指すよりも、ボクササイズのように自分が楽しみながらできるタイプに注目が集まっていることを知っておきましょう。

4-7.男女の違いを理解して体を鍛えよう

体を鍛えるときには、男女の違いを理解しておくことも忘れないでください。男女は、体格や性質が大きくことなるため、それぞれに合ったものを考える必要があります。女性は男性より体格が小さく、筋力も無いことが多いため、必要以上に激しい運動は不向きです。男女の違いを理解していない女性は、男性と同様のプログラムをこなそうと頑張り過ぎて挫折してしまうことも多くなります。男性と女性、それぞれに合った方法で体を鍛えましょう。

4-8.子どもの体の鍛え方について

子どもは、まさしく体が発育する途中の大切な時期を迎えています。子どもにとっても体を鍛えることは大切ですが、やり過ぎないようにしましょう。また、子どもは飽きやすいので小さな目標を設定してクリアしていく、というような方法をおすすめします。苦痛と感じずに、ゲーム感覚で体を鍛えることができれば完璧(かんぺき)です。まずは、子どもが興味を持ったものを試してみましょう。

5.今注目のボクササイズとは?

体を鍛えるには、楽しくできるボクシングやボクササイズがおすすめです。特にボクササイズは初心者でも始めやすいので、挑戦してみるといいでしょう。

5-1.体を鍛えるならボクササイズがおすすめ!

体を鍛えるのなら、ボクササイズがおすすめです。まずは、基本的なことを学んでください。

5-1-1.ボクササイズのメリットや魅力について

ボクササイズには、メリットや魅力がたくさんあります。主なものについては、以下をご覧ください。

  • 運動不足が解消できる
  • 体幹(たいかん)のバランスがよくなる
  • 普段使わない筋肉を鍛えることができる
  • 全身運動なので代謝アップにつながる
  • 初心者でも楽に行うことができる
  • リズムや音楽に乗って楽しくできる
  • 体に負担が掛かりにくい
  • ストレスが発散できる

ボクササイズをやっている人は、みんな楽しいと口にします。楽しみながら運動をすることで、体も鍛えることができるのです。ボクササイズが多くの人から注目を受ける理由もわかりますよね。

5-1-2.ボクササイズが注目される理由

ボクササイズが注目される理由は、イメージがポジティブな点もあるでしょう。最近では、女性もボクササイズをやっている人が増えてきています。ボクシングだとハードなイメージで敬遠していた人が、ボクササイズならやってみようと思うことができる点も注目される理由です。また、やってみて楽しいことが大きな理由と言えます。また、やり方を工夫することで自分の体力や能力に合わせることがきるのも魅力です。ボクササイズには、注目される理由がたくさんあると考えましょう。

5-1-3.ボクササイズの効果について

ボクササイズの効果は、継続するほどに実感できます。もちろん、1回体験しただけでも気分がスッキリする効果を感じることはできるでしょう。しかし、体を鍛えることを目標にする場合は、数か月は継続してやってみてくださいね。ボクササイズも継続期間が長くなるほど、効果が目に見えて出てくるだけでなく生活の一部のようになります。体を鍛える習慣付けができたころには、今よりも健康になって生き生きと暮らしているはずですよ。なお、ボクササイズを始めた人は、姿勢がよくなって安定感が増したとの評価を受けることが多くなります。ボクササイズは、体幹(たいかん)を鍛えることができるトレーニングでもあるため、姿勢がよくなったり体の安定感が増したり効果も期待できるからですね。

5-2.ボクササイズの主なやり方

ボクササイズの主なやり方については、以下を確認してください。

  • シャドーボクシング:空中に向かってパンチングする
  • サンドバッグ打ち:サンドバッグに向かってパンチングする
  • ミット打ち:マンツーマンで相手のミットにパンチングする
  • ​ボクシングエクササイズ:ボクシングの動きを取り入れたエクササイズ

ボクササイズの中でも、音楽やリズムに合わせてボクシングの動きを取り入れたエクササイズは、初心者でも参加しやすいと言えます。しかし、基本のボクシングスタイルを身に付けるためにも、シャドーボクシングやサンドバッグ打ちにチャレンジするのもおすすめです。やってみると楽しいため、ボクササイズの魅力にはまってしまうことでしょう。

5-3.ボクササイズの道具・費用について

では、ボクササイズを始めるために必要な道具や費用について確認しましょう。どんな道具を揃(そろ)えるべきか、費用はどのくらい必要かについて解説します。

5-3-1.ボクササイズの道具について

ボクササイズを行うには、次の道具を揃(そろ)える必要があります。

  • 動きやすい服装
  • 運動靴
  • バンテージ
  • タオル
  • グローブ

上記のうち、グローブにかんしてはジムで貸し出してもらえることもあるので確認しましょう。そのほかのものについては、自分で用意することになります。ボクササイズ専用のものでなくても構いません。しかし、心配な場合はインストラクターに確認しておきましょう。

5-3-2.ボクササイズに必要な費用について

ボクササイズを行うには、スポーツジムに通ってレッスンを受けることをおすすめします。必要な費用については、下記を目安にしてください。

  • スポーツジムの会費(レギュラー会員・1か月):数千円から10,000円前後
  • バンテージ:1,000円程度
  • グローブ:数千円程度から

このほか、運動に適する服装や運動靴・タオルも用意する必要があります。すでに持っている場合は、手持ちのものを利用して構いません。なお、グローブはジムで貸し出していることもあるので購入するべきか確認をしてからでもいいですよ。なお、レッスン費用はスポーツジムによっても異なります。継続してコンスタントに通うためにも、月額制を採用しているところを選ぶと便利です。

5-4.ボクササイズを行うためのジム選びについて

ボクササイズを行うジム選びのポイントについては、下記を参考にしてください。

  • ボクササイズのレッスンで定評があること
  • 初心者向けのボクササイズのレッスンやトレーニングがあること
  • 毎月の会費がリーズナブルなこと
  • 自宅や職場から通いやすいなど立地条件がいいこと
  • ボクササイズに必要な備品を貸し出していること
  • ジムの設備が清潔で使いやすいこと
  • インストラクターが親切で対応がいいこと

せっかくボクササイズを始めようとしても、通いづらいなど継続できないようなところでは困ります。まずは、自宅や職場から通える範囲のジムでボクササイズのレッスンを行っていないか確認しましょう。なお、ボクササイズのジム選びの際には、以下も参考にしてください。

シャンピオンヌ:http://www.boxing-championne.com

5-5.ボクササイズを行うときの注意点

まずはケガを防ぐためにも、ストレッチなどの準備運動で体をよくほぐしておきましょう。また、ボクササイズの前後や休憩タイムには、水分補給を忘れないことも大切です。意外と発汗しますから、脱水にならないように気を付けてください。もしも、体調不良を感じたときはすぐに中止して横になるなど適切な処置をしましょう。体調が悪いときにボクササイズを行うことは、体を鍛えるどころか逆効果になってしまいます。無理をしないようにしてください。

6.体を鍛える効果やメリットについてよくある質問

体を鍛える効果やメリットについて、よくある質問に回答します。ほかの皆さんが疑問に思っている内容について、それぞれきちんと確認しておきましょう。

6-1.忙しくて体を鍛えるのが難しい場合はどうしますか?

忙しい人こそ、体を鍛えるべきです。忙しいことを理由にして放置した場合は、体が悲鳴を上げる日が必ずやってきます。仕事が終わった後に、できる範囲で体を鍛えてみてください。また、休日にリフレッシュも兼ねて無理の無い程度に鍛えることもおすすめです。体を鍛えることには、大きなメリットがあります。体力が付くことで、仕事が多忙になってもパワーを維持できたり集中力を発揮しやすくなったりなど、自分でも効果を感じることができるはずです。

6-2.体を鍛えると病気にならないのでしょうか?

体を鍛えると、体力が付いたり免疫力が上がったりするため、病気になりにくくなるのは事実です。風邪(かぜ)などの感染症にも、強くなるでしょう。しかし、体を鍛えていても油断は禁物です。体を鍛えていても、不摂生のために病気になることは多くあります。しかし、今までよりも病気のリスクが低くなることは確実なので引き続き体を鍛えてくださいね。

6-3.運動神経に自信が無い場合でもボクササイズできますか?

ボクササイズの動きは、決して難しいものではありません。運動神経に自信が無い人でも、トレーニングを重ねてコツを掴(つか)めば問題無くできるので安心してください。まずは、ひとつひとつの動作をしっかり行うことを意識するようにしましょう。慣れてくると、自然に動作ができるようになります。最初は大変なこともありますが、ひとたび覚えてしまえば後は楽しいだけになるのでがんばってください。

6-4.ボクササイズの効果を高める方法をもっと教えてもらえませんか?

ボクササイズの効果をもっと高めるためには、普段の生活スタイルを意識して変えていくことが大切です。たとえば、不規則な生活で睡眠時間が十分に取れない人は、規則正しい生活リズムに整えてぐっすり眠ることができる環境を整えてください。また、食生活が乱れていると体を鍛えていても効果が半減しています。栄養バランスのいい食事を、意識して腹八分目程度に摂(と)るようにすることで、ボクササイズの効果を最大限に高めることができるでしょう。

6-5.ボクササイズは子どもでもできますか?

もちろん、子どもでもボクササイズはできます。子どもに合わせたプログラムを組んで、親子で楽しむのもおすすめです。ただし、子どもは夢中になるといつまでも続けてしまいがちなため、適度なところで終了するように促してあげましょう。ボクササイズは、子どもの体幹(たいかん)トレーニングという意味でもメリットが大きいです。また、免疫力を強くして病気にかかりにくくするなど、メリットがたくさんあります。楽しく続けることができるように、周りでサポートしてあげてください。

まとめ

体を鍛えることには、たくさんのメリットや効果があることを解説してきました。記事を読んだ皆さんには、体を鍛えることの意味や重要性を深く理解していただけたことでしょう。しかし、やり方を間違えるとかえって体を壊してしまうのも事実です。また、体を鍛えることは継続することも大切ですから、楽しく続けることができるものを選ぶようにしましょう。今人気のボクササイズなら、ストレス解消も兼ねて体を鍛えることができるのでおすすめです。また、体幹(たいかん)トレーニングにもなるので姿勢もよくなってアンチエイジング効果期待できます。皆さんもボクササイズで気持ちよい汗をかきながら、効果的に体を鍛えていきましょう。

シャンピオンヌの詳細はこちら
シャンピオンヌ1dayボクシング