ウエスト痩せしたい人は必見! ダイエットより効果的な方法を解説!

「ウエストにくびれがない」「ウエストが太って去年のスカートが入らない」など、特に女性の悩みで多いのがウエストまわりのぜい肉です。スッキリとスリムなウエストにあこがれるものの、現実にはぜい肉でたるんでしまっている人が多いのではないでしょうか。しかし、ウエストのくびれは努力しだいで取り戻せるので安心してください。
今回は、ウエスト痩せについて詳しく解説します。

  1. ウエストまわりの悩みとは?
  2. ウエスト痩せと生活習慣の関係
  3. ウエスト痩せに効果的な運動とは?
  4. ボクササイズとウエスト痩せについて
  5. ウエスト痩せに関するよくある質問

この記事を読むことで、ウエスト痩せに必要な知識が身につき、効果的な方法を実践できます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.ウエストまわりの悩みとは?

最初に、ウエストまわりの悩みについて解説します。太くなる主な原因や筋肉との関係も理解しておきましょう。

1-1.ウエストの悩みとは?

ウエストまわりの悩みには、主に以下のようなものがあります。人によって細かな差はあるが、ウエストの問題で深刻に悩んでいる人が多いのです。

  • 全体的に太い
  • ウエストにくびれがない
  • たるんでいてだらしない
  • 下腹がぽっこり出ている

1-2.ウエストが太くなる主な原因

ウエストが太くなる主な原因には、以下のようなものがあります。

1-2-1.皮下脂肪が多い

ウエストが太いことで悩む人の多くは、皮下脂肪が過剰にあることが原因です。指でつまんで2センチ以上の厚さを確認できるときは、皮下脂肪太りと考えましょう。食べすぎや筋力の低下など、皮下脂肪がついてしまう原因はたくさんあります。自分の生活習慣や食生活なども総合的に見直し、原因を見つけてください。

1-2-2.内臓脂肪が多すぎる

内臓脂肪が多すぎる状態は、女性よりも男性に多く見ることができます。指で脂肪をつまみにくいのは、皮下脂肪ではなく、内臓周辺に脂肪がついているからです。ただし、内臓脂肪は皮下脂肪よりも消費しやすいので運動などで比較的簡単に減らすことができます。内臓脂肪が多いと臓器に負担がかかって機能不全を起こしやすいので早急に改善しましょう。

1-2-3.ホルモンの影響

女性は、女性ホルモンの影響でウエスト周辺の脂肪が増加することがあります。妊娠・出産に備えるために、子宮を保護する目的で体が脂肪をつけようとするからです。また、ストレスなどでホルモンバランスが崩れると、ウエストが太くなりやすいので気をつけましょう。

1-2-4.そのほかの原因について

そのほかにも、ウエストが太くなる原因はいくつかあります。姿勢が悪くて腹筋が弱まると皮下脂肪がつきやすくなるものです。また、冷え症の人は腹部を温めるために脂肪がつくため、ウエストが太くなりやすいと言えます。

1-3.ぽっこりしたウエストと筋肉の関係について

ウエストまわりがぽっこりしている人は、腹筋などの筋力が弱いことが特徴です。ウエストがぽっこりしている人は、腹筋運動が苦手な人が多いことでしょう。筋力があれば、ウエストにぜい肉がつきにくいだけでなく、たるみも発生しません。筋トレを行うことによって効果的に引き締めましょう。