縄跳びダイエットの効果やメリット・デメリット、正しい方法について

雑誌やテレビなど、さまざまなメディアでたくさんのダイエットが紹介されています。
痩せるために、いろいろなダイエットに挑戦してきた人も多いでしょう。
ダイエットを始める前に、正しいやり方やメリット・デメリットを知る必要があります。
ダイエット効果を十分に得るためにも、知識は大切です。
そこで、今回は、縄跳びダイエットの効果やメリット、正しい方法について説明します。
ダイエットを考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 縄跳びダイエットの効果
  2. 縄跳びダイエットのメリット・デメリット
  3. 縄跳びダイエットの方法
  4. まとめ

縄跳びダイエットって効果あるの?

1.縄跳びダイエットの効果

縄跳びダイエットの効果

縄跳びさえあれば気軽にできる、“縄跳びダイエット”はどのような効果があるのでしょうか。
縄跳びダイエットの効果について詳しく説明します。
気になっている人は要チェックです。

1-1.有酸素運動の1つになる“縄跳びダイエット”

縄跳びダイエットは、有酸素運動の1つです。
運動量はウォーキングやジョギングと同じになるでしょう。
縄跳びをすることで脂肪燃焼の働きが活性化します。
縄跳びダイエットの効果で注目してほしいのは、“跳び方によって筋肉を鍛えることができる”効果です。
縄跳びダイエットの跳び方を変えるだけで、さまざまな部位の筋肉を鍛えることができるでしょう。
キレイで程よい筋肉がついた足になりたい人は、足に筋肉をつける跳び方をマスターしてください。
また、太もも痩せを目指したい人は、太ももに効果的な跳び方で縄跳びをするのがポイントです。
このように、ダイエット効果はもちろん、筋トレにも適した方法になるでしょう。

1-2.ストレス発散・新陳代謝を高める効果

毎日仕事でストレスがたまる、体に疲れがたまれやすくなっているなど、人によってさまざまな体調不良が起きるでしょう。
なんとなく体が疲れやすい人は、新陳代謝が悪い傾向があります。
新陳代謝をあげるために、ぜひ縄跳びをしてください。
縄跳びは、体内のめぐりをよくする効果を持っています。血液の流れがよくなるため、自然と新陳代謝もあがり、疲れがたまりにくい体質に改善できるでしょう。
しかし、体調が悪いときは無理にすることはありません。
調子がいいときに縄跳びをしてくださいね。
また、縄跳びダイエットはストレス解消になる効果も持っています。
過剰なストレスは身体機能だけでなく、精神面にも大きな負荷を与えるでしょう。
ストレス発散のためにも、縄跳びはおすすめしたい有酸素運動です。

1-3.俊敏になる・リズム感が向上する

縄跳びは自分でリズムを刻みながら跳ぶものです。
毎日地道に縄跳びダイエットをしていけば、自分のリズム感を磨くことができます。
リズム感が悪いな…と感じている人は、ぜひ縄跳びダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。
カラオケ教室やボイストレーニングに通わなくても、自分でリズム感をつかむことができる運動です。
最近の子供はリズム感がないと言われています。なぜなら、ゲームなどに夢中で体を動かしながらリズムを取る運動をしていないからなのです。
リズム感をつけるため、子供と一緒に始めるのもいいでしょう。
また、リズム感だけでなく、動きが俊敏になります。
動作方向を素早く、正確に変更する能力が持てるでしょう。

縄跳びは有酸素運動なんですね。
運動量はウォーキングやジョギングと同じくらいになります。ストレス発散や新陳代謝を高める効果もあるでしょう。

2.縄跳びダイエットのメリット・デメリット

縄跳びダイエットのメリット・デメリット

2-1.体脂肪の燃焼・低コストでダイエットできる

縄跳びダイエットのメリットは、体脂肪の燃焼に効果があることです。
全身運動ができるため、体中にたまっている余分な脂肪を燃やすことができるでしょう。
体脂肪の燃焼はもちろんですが、低コストでダイエットできるメリットもあります。
ダイエットと言えば、高い器具やダイエット商品を買わなければなりません。費用がかかってしまうでしょう。
できるだけコストを抑えてダイエットを続けていきたいものです。
縄跳びダイエットに必要な器具は、縄跳びだけなので低コストでできるでしょう。
縄跳びはホームセンターなど数百円で購入できます。100円均一にも販売しているので、安い値段で縄跳びダイエットができるのです。
縄跳びを用意すれば、後は自分で跳ぶだけになります。ほかにコストはかかりません。
低コストでダイエットができる、とてもうれしい運動になるでしょう。

2-2.縄跳びダイエットにもデメリットがある!?

縄跳びダイエットの効果はさまざまで、低コストで続けることができる大きなメリットを持っています。
しかし、デメリットもあるのです。
縄跳びダイエットのデメリットは、「室内では難しいこと」と、「夜は物音に注意しなければならないこと」の2つになります。
マンションやアパートなど、部屋が狭いところに住んでいる人は難しいでしょう。
天井に縄跳びが当たってしまい、なかなかうまくできません。
縄跳びをしっかりやりたいのなら、公園や空き地など場所を確保してください。
そして、周りに人がいないか確認しましょう。
また、夜に跳んでしまうと近所迷惑になってしまうので注意が必要です。
以上のデメリットをきちんと把握してから、縄跳びダイエットを始めてくださいね。

全身運動で体脂肪の燃焼に効果があるですね。
縄跳びをするのは室内では難しいため、公園や空き地など場所を確保する必要があります。

3.縄跳びダイエットの方法

縄跳びダイエットの方法

3-1.正しい縄跳びダイエットのやり方

縄跳びダイエットの方法は、20分以上跳び続けることが理想です。
有酸素運動は、20分以上続けたときから脂肪燃焼の力が活性化します。
しかし、最初から20分以上跳び続けるのは難しいでしょう。
そのため、最初は、1分間飛び続けることを目標にしてください。
あくまで、自分の体に負担がかからないよう跳ぶことが大切です。
1分間60回ほど跳ぶことを目安に3分間続けましょう。
1分間60回を1セットとして、毎日3セットし続けてください。
1セットの間におよそ5分の休憩を入れると跳び続けることができますよ。
徐々に縄跳びダイエットに慣れてきたら、1セットずつ増やしていきましょう。
自分の体を考慮しながら、毎日続けることが大切です。

3-2.より効果的な縄跳びダイエットの方法

体脂肪をより効果的に燃やしたい場合、縄跳びダイエットをする前にウォーミングアップをするといいですよ。
体が硬くなっているまま縄跳びダイエットをすると、逆にけがをしてしまう恐れがあります。
ウォーキングや軽めのジョギング、柔軟体操をしておけば、より効果的な縄跳びダイエットができるでしょう。
また、縄跳びダイエットの後は筋肉が疲れてしまっています。
そのままだと筋肉が強(こわ)ばったままになるため、ストレッチや足のマッサージをしてくださいね。
ストレッチ・マッサージを縄跳びダイエット後にすることで、疲労が流れ、美脚効果も生まれます。ただし、コンクリートの上で縄跳びをすると、足に大きな負荷がかかってしまうので要注意です。縄跳びを跳ぶ際は、クッションのある運動靴を履くといいでしょう。

20分以上跳び続けるのを目標にすればいいんですね。
ウォーミングアップをすればより効果的です。ストレッチやマッサージも忘れないようにしましょう。

4.まとめ

縄跳びダイエットの効果についてのまとめ

縄跳びダイエットの効果やメリット・デメリット、方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
縄跳びダイエットを始める前に、必要な基礎知識を身につけてくださいね。
正しい方法やコツをつかんでおけば、スムーズにダイエットできるでしょう。
即効性は期待できないので、長く続けることが大切ですよ。

  • 有酸素運動の1つになる縄跳びダイエット
  • ストレス発散や新陳代謝を高める効果
  • 俊敏になる、リズム感が向上する
  • 体脂肪の燃焼効果・低コストでダイエットできる
  • 縄跳びダイエットのデメリットは「室内でするのは難しい」「夜は物音に注意すること」
  • 1分間60回1セットを5分の休憩を入れながら3セット繰り返す
  • 慣れてきたら20分以上跳び続ける
  • ウォーミングアップを跳ぶ前にすると効果的

以上は、ぜひ押さえておきたいポイントになります。
縄跳びダイエットで、スマートな体型を手に入れましょう。