ウォーキングダイエットのカロリーや効果を上げるポイントをご紹介

健康への意識が高まり、ダイエットを始める方が増えています。手軽に始められる健康法として、ウォーキングをされている方もいるでしょう。走るより体への負担も少なく、継続しやすいのもメリットです。しかし、ウォーキングでダイエット効果を上げるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが重要となります。
より効果的なウォーキングを行い、消費カロリーを上げるためにできることを覚えておきましょう。呼吸や歩幅など、少し意識するだけで大きく変わります。とても簡単で、実践しやすいことばかりです。ポイントをしっかり理解し、日々のウォーキングに取り入れてください。
今回は、ウォーキングダイエットについてご紹介します。

  1. ウォーキングダイエットについて
  2. ウォーキングダイエットの効果について
  3. ウォーキングダイエットの方法
  4. ウォーキングダイエットでよくある質問
  5. まとめ

ウォーキングをした後は、心身ともにすっきりした感覚を抱くことができます。継続すればダイエット効果もある運動です。運動を始めようと思っている方も、この記事を参考にしてください。

1.ウォーキングダイエットについて

ウォーキングダイエットとはどのようなものか、魅力などについてご紹介します。

1-1.ウォーキングダイエットとは?

ウォーキングは、有酸素運動の1つです。歩くことで体内に酸素を取り入れ、脂肪を燃焼させる効果があります。プールでウォーキングをすれば、より負荷をかけた運動ができるのです。歩くことそのものに脂肪燃焼効果があり、代謝機能向上が期待できます。

1-2.魅力・ほかとの違い

ウォーキングは、器具や特別な装備が必要なく、誰でも始めやすいのが魅力です。運動経験が少ない方でも手軽に始めやすい運動となっています。運動に時間を費やすことができなくても、日々の生活で歩くことを意識するだけでも効果があるでしょう。激しい運動は疲労感を抱きやすいものですが、ウォーキングは高齢者でも体への負担が少なく、取り入れやすいのがメリットです。