ダイエットでリバウンドしたくない人は注目! 原因と予防法を伝授!

ダイエットに成功しても、多くの人がリバウンドしてしまいます。ダイエット前の状態どころか、太ってしまう人もいるものです。ダイエットの成功は、リバウンド防止にカギがあります。しかし、実際にどんなことに気をつけるべきなのかよくわからないことでしょう。そこで、今回は、ダイエットのリバウンドについて、詳しく解説します。

  1. ダイエットのリバウンドについて
  2. ダイエットのリバウンドを防ぐ方法
  3. リバウンドしないダイエット法とは?
  4. リバウンド防止におすすめのエクササイズとは?
  5. ダイエットのリバウンドに関するよくある質問

この記事を読むことで、ダイエットのリバウンドについて正しい知識が身につき、適切に予防できます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.ダイエットのリバウンドについて

最初に、ダイエットのリバウンドの基本について、原因やメカニズムをはじめ、詳しく解説します。

1-1.ダイエットのリバウンドとは?

ダイエットに成功しても、元の状態に戻ってしまうことをリバウンドと言います。ダイエットは、体重やサイズを減らすことよりも、維持するほうが難しいのです。リバウンドを防ぐためには、正しいダイエット法で行うほか、予防法を行うことが必要になります。

1-2.なぜリバウンドする? 原因やメカニズムは?

ダイエットは、体にとっては飢餓状態となります。体重を減らすために食事制限をすると、効率よく脂肪をため込もうとするからです。以前と同じ食事量・内容にも関わらずリバウンドしてしまうのは、防衛本能が働くためと言えます。リバウンドを防ぐためには、ダイエット後の状態で問題ないことを時間をかけて体に覚えさせる必要があるのです。

1-3.リバウンドの怖さについて

リバウンドは、苦労してダイエットしたのに元どおりになってしまうだけではありません。最も怖いのは、繰り返すことでやせにくい体質になってしまうことです。ダイエットでは、脂肪と同様に筋肉量も減ります。しかし、リバウンド時には脂肪だけが増加するため、肥満度が上がるのです。同じ体重でも、筋肉量が少ないと基礎代謝が下がるため、太りやすくやせにくい体になってしまいます。

1-4.リバウンドしやすい人の特徴や割合について

以下のような人は、ダイエット後にリバウンドしやすいので注意してください。

  • 食べることが好き
  • 運動が嫌い・習慣がない
  • 意志が弱い
  • 面倒くさがり
  • 短期間でダイエットをした
  • ストレスがたまっている

2.ダイエットのリバウンドを防ぐ方法

ダイエットのリバウンドを防ぐ方法について、詳しく解説しましょう。

2-1.ダイエットのリバウンドを防ぐにはどうすればいい?

リバウンドを防ぐためには、ダイエット後すぐに食事内容を戻さないことが大切です。ダイエット中の体は、低カロリー食に慣れており、少ないカロリーでも問題ない状態になっています。いきなり食事内容を戻すと、消費できなかったカロリーを脂肪に変えやすくなるので注意しましょう。食事内容は、10日間程度かけて徐々に戻すとうまくいきます。

2-2.ダイエットのリバウンドを防ぐことの注意点

早く結果を出したいために、短期間で激しいダイエットを行うのはやめましょう。短期間で行う激しいダイエットには、リバウンドはつきものです。ダイエット中は気力で何とか過ごしていても、終了後は気が抜けてしまい暴飲暴食に走る人もいます。目標を達成できても、リバウンドしたのでは意味がありません。長期的にゆるやかなダイエットを行うことで、リバウンドを防止することが大切です。

3.リバウンドしないダイエット法とは?

ダイエット法にも、リバウンドしないものがあります。どんな方法があるのか、具体的に解説しましょう。

3-1.リバウンドしないための重要なポイント

リバウンドしないための重要なポイントは、筋トレ・食事・継続などが挙げられます。筋トレで筋肉量を多くすることで消費カロリーを高め、カロリー控えめで栄養バランスのいい食事をしましょう。また、無理のないダイエットを長期間続けることで、体が慣れてリバウンドしにくくなります。前述したように、短期間のダイエットは、リバウンドしやすいので注意しましょう。

3-2.リバウンドしないダイエット法にはどんなものがある?

リバウンドしないダイエット法は、急激に体重をしぼるものではなく、コツコツと長く続けるタイプのものです。

3-2-1.適度な運動を毎日続ける

ダイエットに運動は欠かすことができません。適度な運動は、カロリー消費を助けるだけでなく、筋肉量を増やすことができます。筋肉が多いほうが、基礎代謝量が上がるため、ダイエット効果が高いのです。筋トレと併用するとより効果があります。

3-2-2.栄養バランス重視の食事

ダイエットをする人は、極端な食事制限により栄養不足になりがちです。確かに、消費カロリーより摂取カロリーが多い場合は、食事制限が必要でしょう。しかし、摂取カロリーが少なすぎると、ダイエット後に通常の食事に戻したときにリバウンドしやすくなります。また、必要な栄養素までカットするのはいけません。栄養バランス重視で考え、1日3回決まった時間に食事をしましょう。

4.リバウンド防止におすすめのエクササイズとは?

リバウンド防止には、エクササイズが効果的です。具体的なポイントや日常に取り入れるコツなど、詳しく解説します。

4-1.エクササイズの定義について

エクササイズは、運動の一種で、肉体改造や体力向上・健康増進などを目的で行います。記録を競うものではなく、自分の能力に合わせて行うことができるのも特徴です。日常的にエクササイズを行うことで、ダイエットでリバウンドしにくい体を作ることできます。

4-2.リバウンドしないためのポイント

リバウンドしないためには、ダイエット後でも暴飲暴食を避け、自然なエクササイズを続けることが大切です。せっかくダイエットに成功しても、意識がゆるんで好きなだけ食べてしまったりエクササイズをやめてしまったりしてはいけません。ベストな状態を維持し続けるためにも、無理のない程度にエクササイズを続けましょう。

4-3.エクササイズを日常に取り入れるためのコツ

毎日の生活にエクササイズを取り入れることで、自然にリバウンドを防止できます。たとえば、駅ではエスカレーターやエレベーターをなるべく使わず、階段を利用しましょう。公共交通機関を利用している人は、ひと駅前で降車し、歩くことをおすすめします。コツコツと続けることで習慣化すれば、リバウンドしにくい体になるでしょう。

4-4.リバウンド防止におすすめのエクササイズを紹介

リバウンド防止におすすめのエクササイズは、ボクササイズです。ボクササイズとは、ボクシングの動作を取り入れたエクササイズで、音楽に合わせて楽しみながらできます。運動が苦手な人でも取り組みやすいことから、人気が高まっているのです。なお、当シャンピオンヌでも、ダイエットサポートプログラムをご用意しています。料金はレギュラー会員会費10,800円とサポート費用3,240円で、月額14,040円です。ボクササイズと食事管理アドバイスの2つにより、リバウンドを防ぎながら健康的にダイエットを進めましょう。

5.ダイエットのリバウンドに関するよくある質問

最後に、ダイエットのリバウンドに関するよくある質問に回答します。確実に予防するためにも、それぞれ参考にしてください。

Q.子どものダイエットでリバウンドを防ぐコツは?
A.まずは、ダイエットで極端な食事制限をしないことです。成長途中の体は、大人より多くの栄養を必要とします。子どもダイエットでは、特に栄養バランスを重視することが大切です。ダイエット後は、特におやつの食べすぎに気をつけてください。成功したご褒美として少しだけ食べるつもりが、歯止めが利かなくなってリバウンドしてしまうでしょう。

Q.過去に数回リバウンドを経験した人でもダイエットできますか?
A.可能です。しかし、リバウンドを繰り返したことにより、筋肉量が少なくなっているため、やせにくい状態になっています。食事制限とエクササイズを組み合わせて、気長に行ってください。成果がすぐに出なくてもあきらめずに続ければ、結果を出すことができます。

Q.エクササイズをしないでリバウンドを防止する方法は?
A.まったくエクササイズをしないでリバウンドを防止するのは困難です。目的達成後の体は、脂肪をため込みやすい状態になっています。運動せずにダイエット前の食事に戻せば、リバウンドしてしまうことでしょう。

Q.ボクササイズに必要な道具は?
A.ボクササイズを行うためには、以下の道具を用意してください。

  • ボクシング用グローブ
  • トレーニングウェア(動きやすい服装)
  • トレーニングシューズ(室内履き専用)
  • ひじ・ひざ用サポーター
  • タオル
  • 水やスポーツドリンク

ボクササイズ後にシャワーを浴びる場合は、シャワー用具と着替えも用意してください。

Q.ボクササイズはどのくらい続けるべきですか?
A.できるだけ長く続けてください。ボクササイズは毎日行うものではありません。週に2回程度であれば、無理せずに続けられるはずです。ダイエット目的でリバウンドを防ぐためにも、定期的に運動を行う必要があります。楽しみながらできるボクササイズなら、続けやすいことでしょう。

まとめ

今回は、ダイエットのリバウンドについて詳しく解説しました。せっかくダイエットに成功できても、多くの人がリバウンドしてしまうのも事実です。特に、極端なカロリー制限や激しい運動によるものは、一時的に体重が減少してもすぐに元どおりになりやすいので注意しましょう。本当の意味でダイエットに成功したと言えるのは、長期間リバウンドをせずに適正体重を維持できたときなのです。ダイエットは長期戦であることを理解し、リバウンドを予防しながらじっくり取り組みましょう。