ボクシングのサイドステップのやり方が知りたい! 上達するコツは?

「ボクシングのサイドステップが分からない」「自分でマスターできるのか?」など、ボクシングのサイドステップで悩んでいる方は多いでしょう。サイドステップは、全身を動かすボクシングにおいてとても大切な動きの1つです。正しい方法をマスターすれば、攻撃と防御が上手にできるでしょう。

本記事では、ボクシングにおけるサイドステップの重要性や、上達方法などについて解説します。

  1. ボクシングにおけるサイドステップの重要性
  2. ボクシングのサイドステップのやり方
  3. サイドステップのコツと上達方法
  4. ボクシングを習う方法は?
  5. ボクシングに関してよくある質問

この記事を読むことで、ボクシングのサイドステップが上達するコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ボクシングにおけるサイドステップの重要性

初めに、ボクシングにおけるサイドステップの重要性をチェックしておきましょう。

1-1.前後左右に体を移動させるフットワーク(ステップ)

サイドステップは、前後左右に体を移動させるフットワークの種類の1つです。フットワークはステップとも言われており、ボクシングのテクニックでも重要な位置にあります。パンチさえ強くなればいいと思われがちですが、パンチだけを練習しても強くなりません。強いパンチを確実に相手にヒットさせるためには、足さばきとなるフットワークが必要可決だからです。ボクシングの試合を見ていると分かるように、選手は常にステップを踏んでいます。相手からの攻撃を素早く避けるための意味も込められているのです。

1-2.華麗なフットワークは攻撃や防御のスピードに直結する

フットワークをマスターした人は、素早く相手の懐に入ってパンチをくり出したり、相手から素早く距離をとったりすることができます。つまり、華麗なフットワークを身につければ、攻撃や防御も的確かつ瞬時に行うことができるというわけです。フットワークは攻撃や防御のスピードに直結するため、しっかりとマスターしておかなければ攻撃できず、相手にやられてしまいます。

1-3.相手のサイドにまわり込み攻撃に備えるサイドステップ

サイドステップは、相手サイドにまわり込み、攻撃に備えるフットワークです。フットワークの基本となるステップインと同じ構えから始めるため、基本をしっかりと身につける必要があります。ステップインがマスターできれば、サイドステップも自分のものにできるでしょう。そうすれば、相手の行動に合わせて素早くサイドにまわりこみ、有効な攻撃をくり出すことができます。

2.ボクシングのサイドステップのやり方

それでは、ボクシングのサイドステップのやり方を解説します。

2-1.最初にフットワークの基本「ステップイン」をマスターしよう

前述したように、サイドステップをマスターする前に、フットワークの基本となるステップインを身につけておく必要があります。ステップインは初心者が最初に覚えるフットワークになるでしょう。ステップインのやり方は以下のとおりです。

  1. ボクシングの基本「オンガードポジション」から始める
  2. そこからリングのフロアのキャンバスを足の裏でこするように前の足を1歩前に出す
  3. 後ろの足も前の足と出した同じ歩幅分だけ、前の足に引き寄せる

たとえ足の位置が移動したとしても、両足の感覚を前の足6:後ろの足4という重心の比率を変えないことが大切なポイントとなります。基本的に、ボクシングのフットワークは両足が同時に床のキャンバスから離れないようにすることです。跳び跳ねないように気をつけてください。

2-2.サイドステップのやり方

サイドステップはステップインと同様に、基本の構えから始めます。そして、移動するほうの足をサイドに1歩踏み出してください。そのまま反対の足を引き寄せて再び基本の構えに戻るという動作をくり返し行います。これもステップインと同じく、重心の比率を前の足6:後ろの足4と変えないことがポイントです。マスターしている人はサイドステップの動きが速いのですが、初心者は慣れるまでゆっくりと行ってください。そのほうが変なクセをつけずに正しい動きがマスターできます。

3.サイドステップのコツと上達方法

ここでは、サイドステップのコツと上達方法について解説します。

3-1.バランスをしっかり保つこと

サイドステップを踏む際に、最初はバランスを崩してしまうことがよくあります。それでも構わないので、焦らずに、自分が攻撃しやすい距離とリズムをつかむまで調節してください。自分にとってバランスを保ち続けられる位置を見つけることが大切です。また、パンチを打つときと同じように、足だけで動かないようにしましょう。ボクシングはどの動作でも体全体を上手に使います。足だけで動くのではなく、腰で動くことを意識すればバランスが保てるようになるはずです。

3-2.反復練習を何度も行い精度を上げる

ボクシングの動作に慣れるまで大変かもしれませんが、うまくできたときの達成感は大きいものです。サイドステップをマスターするコツは、反復練習を何度も行い精度を上げることでしょう。達成感を少しずつ感じながら、諦めずに何度もくり返し練習してください。自分でうまくできているか分からないときは、トレーナーにアドバイスをもらいながら調節するといいでしょう。何度もくり返し行うことで自然と姿勢が安定し、サイドステップの精度がアップします。

3-3.シャドーボクシングでサイドステップの動きを取り入れる

ボクシングのトレーニングメニューにシャドーボクシングがありますが、そこにサイドステップを取り入れて練習することも上達のコツです。普段のシャドーボクシングを行う方法で、サイドステップの動きを以下のように取り入れましょう。

  1. リングコーナーを対角線で結ぶイメージを作る
  2. リングコーナーからリングコーナーにかけて、全力で反復横跳びしながらジグザクに動く
  3. 1R~2Rほどくり返し行う

ただし、ラウンドは長ければ長いほど効果は期待できません。短いラウンドを全力で行ったほうがサイドステップの上達につながります。また、この時に下半身をしっかりと落とすことが大切です。通常のボクシングよりも約10~20cm腰を落とし、下半身強化に努めましょう。さらに、ガードはしたままで全力かつスピーディーに行ってください。

3-4.右ななめ前へのスピードも意識する

サイドステップを上達するためには、サイドだけでなく右ななめ前へのスピードも意識することが大切です。サイドステップに慣れてきたら、右ななめ前・左ななめ前・右ななめ後・左ななめ後ろへのステップも同じ要領で練習するようにしてください。これは、試合を経験すると分かりますが、サイドの動きだけでは相手との距離を詰めることができないからです。実戦では、サイドステップを取り入れながら、左ななめ前にステップインしたり、ジャブやフックを打ったりすることになります。

4.ボクシングを習う方法は?

ここでは、ボクシングを習う方法とポイントについて解説します。

4-1.ボクシングジムでトレーナーと一緒に練習する

ボクシングはボクシングジムでトレーナーと一緒に練習するのが一般的です。ただし、初心者にとってボクシングジムに通うのはハードルが高く、なかなか始められない方が多いでしょう。最近では、ダイエットや健康目的の方向けの練習メニューを用意しているボクシングジムも増えてきているため、初心者でも気軽に始めることができます。また、トレーナーから直接教えてもらうことで、正しいサイドステップがマスターできるのです。

4-2.独学は変なクセがつきやすい!?

最近は、インターネットが普及されたことにより、YouTubeなどの動画でボクシングの動作を学ぶ人が増えてきました。けれども、独学は変なクセがつきやすくなるのであまりおすすめできません。誤った動作を覚えてしまうと、なかなかクセから抜け出すことができず、正しいサイドステップが踏めなくなってしまいます。余計に時間がかかってしまうので独学ではなく、きちんとトレーナーのもとで正しい動きを教えてもらったほうがいいでしょう。

4-3.ボクシングジムは自分に合ったところを選ぶ

選手を育成したり、初心者向きのメニューが充実だったりと、さまざまなボクシングジムがあります。まずは1日体験プログラムを利用し、自分に合った雰囲気か確かめることが大切です。1日体験プログラムでは、ホームページや口コミなどで分からない部分を知ることができます。誰が練習しているのか、どんなトレーナーがいるのか、クローゼットや更衣室は清潔かなど、さまざまな要素をしっかりとチェックしましょう。

4-4.初心者向きのメニューがあるボクシングジムがおすすめ

ボクシングに慣れていない方は、初心者向きのメニューや健康・ダイエットサポートプログラムが充実しているボクシングジムを選ぶといいですよ。初心者にしっかりとトレーナーが付き添い、一から教えてくれるでしょう。東京・池袋にあるシャンピオンヌでは、初心者率が90%以上なので気兼ねなくボクシングをお楽しみいただけます。1日体験プログラムも利用できるので、ぜひ1度お試しください。

5.ボクシングに関してよくある質問

ボクシングに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.サイドステップで気をつけたいことは?
A.基本の構えから右へ移動するときに左足を動かさないことです。右へ移動するときは、右足を2足分ほど右へ出し、その後に左足も右へ移動することになります。一緒に左足も移動してしまうとバランスを崩してしまい、相手から攻撃を受けやすくなるのです。急な攻撃でも対応できなくなり、大きなダメージを負うことになるでしょう。基本的に、右へ移動するときに左足から動かさないように気をつけてください。

Q.サイドステップから攻撃につなげるコツは?
A.相手の視線を隠すように左手を前に出した後、そこから1歩半ほど右にサイドステップしてください。このとき、右足だけ動かすのが大切なポイントです。スタンスは若干広めになりますが、体重は右足にのっているので、その勢いで右を出すことができます。相手はパンチを打とうと必死になるため、自分の目の前に意識が集中しているのです。横に素早く動くことで視界から外れ、攻撃が相手に当たりやすくなるでしょう。

Q.サイドステップを防御に役立てるコツは?
A.相手との距離が近いときはアングルを変えて攻撃でき、遠いときはサイドステップで相手に的をしぼらせないようにすることです。ミット打ちで練習する際は、ジャブをサイドステップで避けてストレートを放つなど、サイドステップを防御に役立てる意識を持つといいでしょう。サイドステップをマスターすれば、攻撃・防御ともにバリエーションが広がります。

Q.ステップを踏む際のポイントは?
A.相手の左側をとるようにステップすることです。ボクシングで基本の構え(右構え)の場合は、相手の正面に立たず、左の位置にいることが基本となります。左の位置を確保することで、相手はジャブやストレートが放ちにくくなるのです。ただし、相手も右側に立とうとフットワークを使ってくるため、ポジションの取り合いが勝敗を左右することになるでしょう。

Q.ボクシングジムの費用はいくらぐらいか?
A.コースによって異なりますが、シャンピオンヌの場合は一般会員で毎月6,480円~利用可能です。そして、別途、入会金が3,240円必要となります。ボクシングジムによっては、入会金が高額なケースもあるので注意してください。どのような内容のコースで月謝がいくらかかるのか、複数のボクシングジムを比べるといいかもしれません。料金できになるところがあれば、スタッフに尋ねてみてください。

まとめ

ボクシングのサイドステップは、対戦する相手よりも優位な状況になるために必要な動作の1つです。サイドステップをいかにうまく活用するかによって、試合に有利になります。ただし、間違ったサイドステップのやり方を覚えてしまうと、そのクせから抜け出すことができず、矯正まで時間がかかるでしょう。大切なのは、きちんとトレイナーのもとで正しいステップを身につけることです。自分に合ったボクシングジムを選び、正しいやり方をマスターしてください。