ボクシングジムの選び方は? 自分の目的に合ったジムを選ぼう!

「ボクシングを始めたいけれど、ジムの選び方が分からない」「ボクシングジム選びに失敗したらどうしよう」など、ボクシングジムの選び方で悩んでいる方は多いでしょう。近年、ボクシングはダイエットや美容・健康目的で始める方が増えてきているスポーツです。そのため、ボクシングジムへの注目度も上がってきている反面、どこを選べばいいのか悩みますよね。そこで、本記事では、ボクシングジムの選び方を解説しましょう。

  1. 仕事帰りにも気軽に通えるボクシングジム
  2. ボクシングジムの選び方とポイント
  3. まずはボクシングを体験しよう!
  4. ボクシングジムのシステム・料金は?
  5. ボクシングジムに関してよくある質問

この記事を読むことで、ボクシングジム選びのポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.仕事帰りにも気軽に通えるボクシングジム

ボクシング=激しい運動というイメージを持っているかもしれませんが、最近では、女性や50~60代の中年層が注目しているスポーツです。では、どのような魅力があるのでしょうか。

1-1.ボクシングならではの楽しみ方

ボクシングは、リングの中で攻撃・防御をくり返しながら戦うシンプルなスポーツです。1対1で戦う個人スポーツではありますが、攻撃と防御というシンプルなルールだからこそ、それだけで相手よりも勝らなければならない奥深さと面白さがあります。また、スポーツとしてのボクシングだけでなく、心と体が健康になる点も魅力の1つです。ボクシングの動作は、体のバランスや体幹を鍛える効果があるため、健康と心身を鍛えるという楽しみもあります。

1-2.健康・美容・ダイエット目的で始める人が増えている

最近は、健康や美容・ダイエット目的でボクシングを始める方が増えています。「健康のために」「運動しながらダイエットをしたい」という理由から、ボクシングジムに入会している人は女性・サラリーマン・高齢者など幅広いのです。ボクシングは激しいトレーニングばかりだと思われがちですが、人それぞれの体力に合わせてメニューを組むことができます。自分のペースでボクシングができるのも、注目されている理由の1つでしょう。

1-3.仕事帰りに体を動かしたい方におすすめ

仕事をしながら運動を続けるのは大変ですが、自宅と職場の間にあるボクシングジムを利用すれば仕事帰りでも気軽に立ち寄ることができます。また、サンドバッグに思いっきりパンチすると気持ちがよく、ストレス解消につながるでしょう。スポーツとしてボクシングを楽しみたい方はもちろん、健康・美容・ダイエットという目的で体を動かしたい方にもおすすめです。ただし、楽しく続けるためには、自分に合ったボクシングジム選びが重要な要素になるでしょう。

2.ボクシングジムの選び方とポイント

それでは、ボクシングジムの選び方とポイントについて解説します。

2-1.ボクシングの基礎が学べる

ボクシングジムでは、ボクシングの基礎となる拳の作り方や構え方・パンチの出し方などを教えています。プロボクサーを目指している人もいれば、アマチュアで活躍している人、ダイエット目的など多種多様です。ボクシングジムに入会する理由は人それぞれ異なります。自分で動画を見ながら基礎を習得する方がいますが、プロのトレーナーに教えてもらったほうが上達は早いでしょう。また、基礎を間違えてしまうと、逆に体を傷めてしまうので要注意です。

2-2.ボクシングジムのタイプをチェックしよう

ボクシングジムといっても、プロの育成に力を入れているところやダイエットや健康のためのボクシングが中心になっているところなど、方針やタイプはさまざまです。まずは、自分がどんな目的でボクシングを始めたいのか明確にしたほうがいいでしょう。ダイエットや健康目的という気軽な気持ちで始めたいのに、プロを育てているジムを選んでしまうと、途中で挫折してしまいます。自分の目的とそのタイプに合ったボクシングジムかどうかチェックすることが大切です。

2-3.生活サイクルに合った時間で通えるか

ボクシングジムによって、コースごとに利用時間が決まっています。生活サイクルの中で、ボクシングに充てられる時間を把握し、その時間にボクシングジムが利用できるのか確認することが大切です。仕事が大変な方は休日、好きなときに自由に通いたい方は比較的自由な時間帯でメニューが組めるコースがいいでしょう。

2-4.トレーナーの人数と相性

ボクシングジムに通う魅力は、トレーナーの存在もあります。基本的に、トレーナーと1対1でボクシングの動作やパンチの出し方など指導してもらいながら練習することになるでしょう。そのため、トレーナーの数が極端に少ないボクシングジムの場合は、たっぷりと時間をかけてコーチしてもらえない可能性があります。同時に大切なのは、トレーナーとの相性です。相性が悪いとボクシング自体が楽しくなくなり、入会金も無駄になってしまいます。トレーナーとの相性を確かめるためには、ボクシングジムの1日体験が有効です。詳細は、後ほど【3.まずはボクシングを体験しよう!】で説明するので、ぜひチェックしてくださいね。

2-5.設備が充実しているか

前述したとおり、ボクシングジムにもさまざまな種類がありますが、昔から営業しているところや最近できたばかりのジムなど設備にも違いがあります。特に、女性はなるべくロッカー・パウダールーム・シャワールームなど清潔でキレイな設備が充実しているボクシングジムを選びたいはずです。ボクシングを楽しく続けるためにも、設備の充実さにも注目してください。

3.まずはボクシングを体験しよう!

ボクシングジムの多くは、1日体験コースを用意しています。ボクシングジム選びにおいて1番大切な1日体験について詳しく解説していきましょう。

3-1.1日体験でボクシングジムの雰囲気を確かめる

自分に合った雰囲気のジムかどうかは、直接確かめなければ分かりません。だからこそ、1日の体験コースでボクシングジムの雰囲気をチェックしてください。更衣室などジム内の設備や、ほかの会員さんたちがどのようなトレーニングをしているのか、どんな人が通っているのか確かめてから入会を決めるのもOKです。1日体験コースを利用したからといって、必ず入会しなければならないというわけではないので安心してください。

3-2.初心者向けのメニューが体験できる

ボクシングジムの1日体験コースでは、初心者向けのメニューが体験できます。具体的なメニューはジムによって異なりますが、運動が苦手な方でもこなせるメニューなので安心してください。参考として、オシャレに楽しむ新感覚のボクシングエンターテインメント「シャンピオンヌ」で行っている初心者向けのメニュー内容を以下に紹介します。

  • バンテージ巻き
  • ストレッチ(ウォーミングアップ)
  • エアーロープ飛び
  • ボクシングの基本レクチャー
  • シャドーボクシング
  • サンドバッグ打ち
  • ミット打ち
  • シャドーボクシング(おさらい)
  • ストレッチ(クールダウン)

3-3.動きやすい格好だけでOK!

1日体験コースに必要なものは、動きやすい格好だけでOKです。テーピングやグローブなどは必要ないので安心してください。身分証・トレーニングウエア上下・靴下・室内履き運動靴・タオル・シャワー用品・飲料水があれば十分です。ボクシングジムによっては、ほかに必要なものがあることもあるので事前に確認しておきましょう。

4.ボクシングジムのシステム・料金は?

では、ボクシングジムのシステムや料金についてチェックして行きましょう。

4-1.コース内容で利用時間が異なる

ボクシングジムの方針やタイプで異なりますが、コース内容によって利用時間が変わるケースがほとんどです。たとえば、「シャンピオンヌ」の場合は、一般会員・法人会員・ダイエットサポートプログラム・特別メニューなどのコースをそろえています。一般会員の場合、レギュラー・モーニング・スーパーモーニング・レディース・ディタイム会員とさらに分類されているのです。それぞれで利用時間が異なるため、ライフスタイルに合ったコースを選びましょう。

4-2.入会金と月謝が必要

基本的に、ボクシングジムに通う場合は、入会金と月謝がかかります。入会金の相場は約1万~3万円のところがほとんどです。月謝はコースで異なりますが、約6,500~1万円でしょう。ボクシングジム選びの際に、料金設定が明確になっているかもチェックしてください。料金が明確になっていないボクシングジムは要注意です。

4-3.必要な道具は少しずつそろえるのがベスト

ボクシングの意欲を高めてくれる道具は、上達に合わせてそろえていきましょう。最初から激しい動きをすることはないので、1日体験のコースに必要なものを準備しておけば大丈夫です。グローブを貸し出しているジムはたくさんあるため、最初から用意する必要はありませんよ。ボクシングが楽しくなれば、自分専用のグローブが欲しくなってくるでしょう。そのときにそろえてください。

5.ボクシングジムに関してよくある質問

ボクシングジムに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ボクシングジムへ通う大きなメリットは?
A.正しいポージングや基本が学べるだけでなく、そのジムに通っている人との交流ができることです。ダイエットや健康目的のコースを設けているジムなら、同じ目的で通っている人と知り合いになれる可能性があります。趣味を通してできる友人は、ほかの友人とは違った特別な存在になるでしょう。また、大きめのサンドバッグを蹴ったり、リングに上がって模擬試合をしたりするのも、ボクシングジムならではの体験でストレスや快感につながります。

Q.ボクシングジム選びで注意しておきたいことは?
A.気軽に通い続けられる立地条件かどうかです。ボクシングジムの雰囲気やトレーナーの人数・相性ばかりに注目してしまうと、立地条件を見落としてしまいます。自宅から遠い場所にあるジムを選んでしまうと通うことが大変になるので、自然と通わなくなってしまうでしょう。仕事帰りに通える距離か、駅に近い場所にあるかどうかも大切なポイントです。

Q.ダイエット目的で選ぶ場合、どんなジムがいいのか?
A.なるべく、ダイエット専用のプログラムやコースが用意されているボクシングジムを選びましょう。「シャンピオンヌ」のダイエットサポートプログラムでは、ダイエット効果に定評のあるボクシングトレーニングと、トレーナーからの食事管理アドバイスで楽しみながらダイエットができます。楽しみながらダイエットをすることが目的なので、無理のない範囲でボクシングができるでしょう。

Q.大手ジムと中小ジムの違いは?
A.大手ジムは会長が元世界チャンピオンで、世間から名門といわれているところがほとんどです。都心の駅近にジムを構えていることが多く設備が整っており、プロ・アマチュアボクサーのレベルが高い傾向があります。一方、中小ジムはジム自体の設備が古く、プロが未経験からのたたき上げが多いのです。プロを目指している方は大手ジムを選ぶといいでしょう。健康やダイエット目的で気軽に始めたい方は、そのコースを設けているジムがおすすめです。

Q.1日体験でチェックしておきたいことは?
A.過去に試合やスパークリングで事故が起きていないか、スタッフに尋ねてください。ホームページだけの情報では分からない内容を、1日体験で確かめることは大切です。会員のレベルに合った指導をしてもらえるボクシングジムを選ばなければ、大ケガをする恐れがあります。

まとめ

ボクシングジム選びは、長く通い続けられるか、目的に合った練習メニューでボクシングを楽しめるかが重要です。プロになりたい・健康や美容のために始めたいなど、ボクシングジムへ入会する人はさまざまな理由があります。まずは、自分の目的をハッキリさせた上で、その雰囲気に合ったところかどうか1日体験コースで確かめましょう。ボクシングジムの雰囲気だけでなく、設備・ほかの会員の様子・トレーナーとの相性などもチェックしておきたいポイントです。そして、分からないところや疑問点があれば、そのときに質問しましょう。安心して通えるボクシングジムなら、楽しみながら続けることができます。