ボクシングのステップインとは? 上達する練習方法やコツを徹底解説

ボクシングは、フットワークがポイントになります。フットワークの中でも、相手との距離を縮めることができるステップインを習得することが大切です。ステップインができるようになれば、パンチも確実に届くようになります。これからボクシングを始めようと思っている方は、ステップインについて覚えておいてください。本記事では、ボクシングのステップインについてご紹介します。

  1. ボクシングのステップ
  2. ボクシングのステップインとは?
  3. ステップインの上達方法
  4. ボクシングのステップを習う方法
  5. ボクシングのステップでよくある質問

この記事を読むことで、ボクシングのステップインについてよく分かります。ステップインの重要性やステップが上達する方法などを覚えておき、ステップの練習に役立ててください。

1.ボクシングのステップ

ボクシングでステップをする目的や重要性などをご紹介します。

1-1.ステップとは?

ステップとは、ボクシングにおけるフットワークのことです。パンチの際に踏み込むステップインだけでなく、相手のパンチをかわして横へ移動するサイドステップ・後方へ移動するバックステップなどがあります。

1-2.ステップの重要性

ボクシングでステップが重要なのは、攻撃と防御を効率よく行うためです。ボクシングは接近戦の競技であるため、いかに相手の懐に入り込めるか、パンチ後は相手からすぐに離れる技術を持っているかが、勝敗を分ける重要なポイントになります。そのため、普段からステップを練習し、軽やかな動きを身につけることが大切です。

1-3.ステップの種類

1-1でご紹介したステップの種類について、より詳しく解説します。

1-3-1.ステップイン

ステップインは、前足をすり足で一歩進め、進んだ分だけ後ろ足も前に寄せる方法です。ただし、ステップを習得する前に、ボクシングの基本姿勢はマスターしておきましょう。基本姿勢は、片足を前に少し出し、腕でガードを固めるものです。ステップインの際は、すり足を意識してください。足を浮かして動きが悟られてしまったら、ステップインをしても懐に入り込むことができません。

1-3-2.サイドステップ

サイドステップは、相手のパンチをかわし、素早く横に移動するフットワークです。踏み出した足の方向へ移動します。踏み出した足に、もう片方の足を引きつけるように移動する方法です。練習時に自分の歩幅を理解しておき、移動できる距離を把握しておくといいでしょう。

1-3-3.バックステップ

基本姿勢から、後ろに一歩下がるステップがバックステップです。後ろ足を下げた分だけ、前足も後ろに引き寄せましょう。ポイントは、下がるときに体重を少し後ろ足にかけ、ややのけぞる姿勢を取ることです。のけぞりすぎてしまうと後方に体勢が崩れてしまうので注意しましょう。

2.ボクシングのステップインとは?

前述でご紹介したステップインについて、より詳しく解説します。

2-1.ステップインとは?

ステップインは、相手との距離を詰めるために行うものです。ボクシングでは、まれに体格差のある相手と対戦しなければならないシーンがあります。パンチが届く距離まで、ステップインで近づいて攻撃しましょう。ジャブをワンツーのリズムで行い、ステップインで距離を縮めてからストレートを決める方法がおすすめです。体格差がある相手でも、懐まで入り込めれば、ストレートもしっかり決まるでしょう。ステップインをするときは、膝や足首を柔らかくしておくことが大切です。ただし、ステップインで近づくときは、ガードをきちんと固めて身を守ることを忘れないでください。

2-2.ステップインは相手が打ち終わってから行う方法が有効

相手がパンチをしている間にステップインをしたら、打たれる確率が高くなります。ダメージを防ぐためにも、相手が打ち終わるのを待ってからステップインをする方法がおすすめです。ステップインはタイミングが重要なので、相手の動きをよく見て実践するようにしましょう。また、自分が距離を縮めようとしていることが悟られないよう、すり足で素早く動くことが大切です。

3.ステップインの上達方法

ステップインに限らず、ボクシングのステップは練習が必要です。上達するための練習方法や注意点をご紹介します。

3-1.上達方法

ステップインをスムーズに行うためは、筋力や持久力をつけることが大切です。普段からロードワークなどを実践して鍛えるようにしてください。技術面での向上は、狭い区画の中で行うマスボクシングで習得しましょう。区画は肩幅より少し広めに用意します。パイロンなどの障害物を置くと、区画を簡単に作ることができるでしょう。動く範囲をより具体的にイメージしやすくするため、パイロンなどにかけたロープに輪を作り、膝の位置で引っかけた状態でトレーニングする方法がおすすめです。足にかけてあるロープが途中で落ちないように意識することで、一定の間隔をキープする技術を身につけることができます。

3-2.ステップインの練習はジャブを組み合わせて行うこと

ステップインの練習をするときは、シャドーボクシングをしながら行いましょう。というのは、フットワークばかりを意識したトレーニングをしてしまうと、ジャブとのタイミングが合わなくなり、実際に試合をするときに苦戦することが予想できるからです。ジャブと組み合わせながら、足と手が連動するように努力しましょう。

3-3.プロボクサーの動きを観察しよう

ステップインの上達には、プロの動きをしっかり観察し、参考にすることもポイントです。自分との違いやプロの俊敏な動き方などをチェックし、普段の練習に役立てましょう。

4.ボクシングのステップを習う方法

ステップは、ボクシングジムで習うことができます。ボクシングジムの魅力や選び方などを覚えておきましょう。

4-1.どこで習うか?

ステップを習うためには、ボクシングジムに所属することがおすすめです。プロやボクシング経験者から的確なアドバイスを受けることができます。自己流でやるより、基礎をきちんと学ぶことができ、上達も早くなるでしょう。

4-2.ボクシングジムの魅力・選び方

ボクシングジムの魅力は、トレーニングをつうじて筋力アップや基礎体力向上が期待できることです。道具などをレンタルできるジムもあるため、初期費用が多額にならず、気軽に通うことができます。自分で購入せずに始められるのはうれしいですよね。ボクシングジムを選ぶときは、初心者から上級者までのメニューを用意している・月謝制など明確な料金プランであること・清潔感のある環境などに注目してください。シャンピオンヌでは、1DAYボクシング教室を用意しています。雰囲気や指導の仕方などを感じ取ることができる機会なので、ぜひ利用してみてください。

5.ボクシングのステップでよくある質問

ボクシングのステップに関する質問を集めました。ご一読ください。

Q.ステップインをするときは、体重をどのようにかければいいのか?
A.ステップインでは、体重の比率が前足と後ろ足で6:4になるように意識してください。また、体重配分だけでなく、ステップインをしたときに両足の間隔が狭まらないように注意しましょう。

Q.ステップインで踏み込むときは、つま先をどちらへ向けたほうがいいのか?
A.つま先は、相手のほうを向くようにしましょう。つま先が横向きだと足をひねりやすく、ケガをしやすいので注意してください。練習を重ね、正しいフォームを身につけることが大切です。

Q.ステップインができるようになると、パンチ力も増すのか?
A.はい、増します。ステップインは前足寄りに体重が分散されるため、体の重みをパンチに乗せることができるため、パンチ力アップにつながるのです。うまくステップインができるようになると、全身を使った運動なので、体が全体的に筋肉が締まってくるのが分かるでしょう。

Q.ステップインでパンチした後はどうすべきか?
A.ステップインでパンチした後は、素早く元の姿勢に戻ることが大切です。軽やかなフットワークを行うことができるよう、普段から瞬発力を養う・体勢を立て直すトレーニングも実践しましょう。

Q.ステップインをするときは、どちらの足で踏み出したほうがいいのか?
A.ステップインの際に踏み出す足は、後ろ足です。しかし、後ろ足ばかり意識してしまうと、ジャブや基本姿勢に戻るタイミングがずれます。全身がバランスよく動くようにトレーニングをしてください。

まとめ

いかがでしたか? ステップは、ボクシングの基本です。軽やかなフットワークができるように、筋力や持久力をつけましょう。ステップインの練習をするときは、ジャブを交えながら行うことが大切です。常に手足が連動するように意識して練習をしましょう。ボクシングジムなら、基礎からしっかり習得できます。自分に合うボクシングジムを見つけ、スキルアップにつなげてください。