ボクシングのディフェンスを知りたい? 初心者にも分かりやすく解説!

最近、ボクシングを趣味で楽しむ人が増えています。思いきりパンチを打つと、運動不足やストレスを解消できて爽快ですよね。さて、本気でボクシングの実力を高めたいのなら、ディフェンスを練習することをおすすめします。しかし、どんなディフェンス方法があるのか・どこで練習できるのかなど、分からないこともあるでしょう。そこで、今回は、ボクシングのディフェンスについて詳しく解説します。

  1. ボクシングのディフェンスについて
  2. ボクシングのディフェンスの種類
  3. ボクシングのディフェンスの練習方法
  4. ボクシングのディフェンス力を向上させる方法
  5. ボクシングのディフェンスに関するよくある質問

この記事を読むことで、ボクシングのディフェンスについて詳しく分かります。とても役立つのでじっくり読んでみてください。

1.ボクシングのディフェンスについて

最初に、ボクシングのディフェンスの基本を学びましょう。

1-1.ボクシングのディフェンスの目的

ボクシングのディフェンスには、試合中のケガを避け、安全にボクシングをするという目的があります。ボクシングは、相手とパンチを打ち合うスポーツです。しかし、パンチが当たったときの破壊力はすさまじく、顔や体に大きなダメージを受けてしまいます。そこで、ディフェンスにより身を守るのです。また、攻撃をかわして相手の体力を消耗させ、気力をなくす目的もあります。

1-2.ボクシングのディフェンスの重要性

ボクシングは、ディフェンスが重要です。パンチなどのオフェンスばかりでは、体力が持ちません。また、ディフェンスなしでは相手のパンチを受けたときのダメージが大きすぎます。冷静に相手の動きを判断し、次に効果的なオフェンスをしかけるためにも、ディフェンスの重要性は高いといえるでしょう。

2.ボクシングのディフェンスの種類

ボクシングのディフェンスの種類を、難易度などと共に詳しく解説します。

2-1.パーリング

パーリングとは、相手のパンチを受け流して無効化することです。ディフェンスの中でも、特に、ジャブやストレートに対する効果が期待できます。パーリングのコツは、パンチを内側にはじくことです。外側にはじいてしまうと、次に相手から攻撃されたときに対応が遅れてしまいがちなので注意してください。

  • 難易度:低い

2-2.ブロッキング

ブロッキングとは、腕をL字型にして顔の前に持ってくるディフェンス方法です。腕にしっかり力を入れてガードしましょう。ブロッキングはディフェンスの基本であり、初心者にも習得しやすい方法です。ただし、脇の締め方が甘いと相手のパンチにはじき飛ばされてしまいます。

  • 難易度:低い

2-3.ステッピング

ステッピングとは足を使ったディフェンスで、腕が短くても相手と対等に渡り合いやすい方法です。前後左右に小刻みにステップすることにより、相手のパンチを繰り出しにくくし、かわすことにもつながります。ステッピングが上達すれば、相手の攻撃をかわした直後に強いパンチを出すことができるようになるでしょう。

  • 難易度:やや難しい

2-4.バックステップ

バックステップとは、後ろ側にステップすることで相手のパンチをかわすディフェンスです。相手に背中を見せないようにすることがコツで、前足で地面をけるようにして移動します。バックステップを活用することで相手との距離を離し、試合展開を冷静に判断することが可能です。

  • 難易度:やや難しい

2-5.ウィービング

ウィービングとは、絶え間なく動き続けることで相手のパンチを出しにくくするディフェンスです。前後左右、さらには上下にも動くため、相手をあおる効果もあります。ただし、ウィービングは体力の消耗が激しいディフェンスです。初心者は、下半身を中心とした筋トレなどで疲れにくく安定した体作りを並行しましょう。

  • 難易度:難しい

3.ボクシングのディフェンスの練習方法

ディフェンスの練習方法について、詳しく解説します。

3-1.どんな練習方法がある?

ディフェンスの練習方法としては、マスボクシングをおすすめします。マスボクシングとは、試合形式の練習でパンチを相手に打たず寸前で止めるやり方です。マスボクシングのメリットは、相手にも自分にもダメージがない点にあります。痛い思いをせずにディフェンス力が上がるので、ぜひ試してみてください。また、相手がいる練習方法なので、相手との間合いや距離感などをつかみやすくなります。

3-2.体を十分にほぐしてから練習しよう

まずは、十分にストレッチなどを行い、体をほぐしてから練習に入ることをおすすめします。軽いスパークリングなどの後で、体が温まってから行ってもいいでしょう。ディフェンスの練習では、瞬発力や判断力を鍛えることになります。体が十分にほぐれていないとケガをする可能性もあるので注意してください。

4.ボクシングのディフェンス力を向上させる方法

ボクシングのディフェンス力を向上させる方法を詳しく解説します。

4-1.向上させるポイントは?

ボクシングのディフェンス力を向上させるためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 相手の動きをよく見る:次のどんな攻撃が来るか予測する
  • ディフェンス方法の取得に努める:臨機応変にディフェンスできるようになる
  • 体幹(たいかん)を鍛える:安定した防御態勢につながる

4-2.ボクシングの練習を習慣づけよう

ディフェンス力は、1日や2日で身につくものではありません。まずは、ボクシングの練習を習慣づけましょう。たとえば、ボクシングジムやスポーツジムに会員登録をし、週に2回程度通うことをおすすめします。コツコツと練習を重ねることで、ディフェンス力を高めていきましょう。なお、当シャンピオンヌでは、初心者の方でも無理なくボクシングを楽しめるプログラムをご用意しています。体験レッスンもあるのでお気軽にお問い合わせください。

5.ボクシングのディフェンスに関するよくある質問

最後に、ボクシングのディフェンスに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.ディフェンスの練習相手を選ぶコツは?
A.初心者の場合は、熟練者にお願いして練習相手になってもらいましょう。ディフェンスの技術を上達させるためには、オフェンスの手加減も必要です。相手も初心者でオフェンスの基礎ができていないのでは、練習する意味がありませんしケガの原因になります。

Q.ディフェンスの練習に必要な道具は?
A.以下のものを用意してください。万が一相手のパンチをディフェンスできなかったときにダメージを受けないよう、体に合ったものをきちんと装備しましょう。

  • 防御ヘルメット
  • バンテージ
  • グローブ
  • マウスピース
  • ひじ当て・ひざ当て
  • トレーニングウェア(体を締めつけず動きやすい服装)
  • トレーニングシューズ

Q.ディフェンスばかり練習すると飽きてしまうのですが?
A.ディフェンスの練習は地味なため、オフェンスの練習と並行して構いません。試合形式の練習を取り入れて、実戦力を高めるのもいいでしょう。ただし、ディフェンスの練習がおろそかにならないようにしてください。

Q.ボクシングのディフェンスを実生活に活用することはできる?
A.可能です。ボクシングのディフェンスを身につけると、反射神経が高まるので思わぬケガから身を守ることができます。護身術のひとつにもなるため、女性にもおすすめです。

Q.ボクシングのディフェンス練習は相手がいたほうがいい?
A.仲間と競い合い、共に励まし合いながら実力を高めることができるという点でも、練習相手がいるほうがいいでしょう。ひとりで練習することもできますが、自分に甘くなりがちなのも事実です。それに、練習相手がいるほうが実戦で強いディフェンス力を養うことができるという点でもおすすめします。

まとめ

今回は、ボクシングのディフェンスについて詳しく解説しました。ボクシングの実力を高めるためには、ディフェンス力を身につけることが必要です。相手の攻撃をうまくかわすことは、ケガやダメージを防ぎ、無駄な労力の消耗を防ぎます。まずは、さまざまなディフェンス方法を学び、練習を重ねていきましょう。なお、ボクシングの実力は、練習の積み重ねで作られます。ボクシングジムやスポーツジムなどに通い、コツコツと励みましょう。